ブックストアトップ 

書籍 

エンターテイメント 

馬を楽しむ乗馬術 人と馬が一体となる「馬楽」のすすめ

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

馬を楽しむ乗馬術 人と馬が一体となる「馬楽」のすすめ

著作:三木田照明

価格: 1,500円+税120円

Yahoo!プレミアム会員になると通常ポイント2倍+期間固定Tポイント3倍※!


※Yahoo!プレミアム会員になるとこちらの特典が受けられます。
※進呈するポイントは、期間固定Tポイントです。Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外では利用できません。
※期間固定Tポイントの進呈⽇・有効期限・獲得上限等が通常Tポイントと異なります。

馬と一緒に乗馬を喜ぶ目からウロコのQ&A 62
音を楽しむのが音楽。
馬を楽しむのが馬楽。
大切なのは、馬を楽しみ、馬から学ぶこと。

「馬との出会いは?」
と聞かれてもはっきり記憶していません。

馬とは家族同然の人生を送ってきた私が、
一冊の本にして伝えたいのは、とにかく、馬に乗ることの楽しさです。
馬と触れ合うというのは本来楽しいものです。
本当に小さな子どもは別ですが、人は馬を見ると自然と友情に近い感情を抱きます。

馬の大きくて優しい瞳がそうさせるのか、はるか古代から続くパートナーシップが
人のDNAに刻まれているからなのかはわかりませんが、「馬に乗る」という行為自体は、
単純に嬉しく楽しいものなのです。

しかし、「乗馬」「馬術」というと敷居の高いスポーツとされるだけあって、
「こうでなえればならない」「ああしなければならない」という制約が多いと思われています。
実際、うちの乗馬学校に来る生徒さんたちの中にも、
先入観にとらわれて楽しめなくなっている方々がたくさんいます。

でも、その「常識」や「先入観」を一度捨てて、原点に返ってみてほしいのです。
繰り返しますが、馬に乗ることは楽しいことです。
どうせオリンピックに出るわけではないのだから、楽しんだもの勝ちです。


■目次

●序章 馬と私と
・原点
・人馬一体
・馬たちの過去

●第一章 乗馬指導は正しいことを迷わずに
・はじめの一歩
・馬歴は関係ない
・変化はほんのすこしでいい

●第二章 馬を楽しみ、馬と楽しむ62のQ&A
Q1 乗馬を始めたのですが、乗る前に気をつけることはありますか
Q2 手入れのときに馬が動くのですが…
Q3 手入れのとき、噛んだり蹴ったりします



Q62 ピットボーイについて、もっと詳しく教えてください

■著者 三木田照明
三木田乗馬学校校長。1948年10月27日生まれ。北海道静内の水田、畑作から畜産まで営む農家で生まれる。1968年、帯広畜産大学入学、馬術部に所属。19

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
馬を楽しむ乗馬術 人と馬が一体となる「馬楽」のすすめ|三木田照明|日本文学|電子書籍 - Yahoo!ブックストア
提供
開始日
2018年
9月21日
ファイル
容量
約3MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
-
出版社 あさ出版
カテゴリー エンターテイメント
ジャンル 日本文学
  • ゴマブックス2018年人気ランキング ベストセレクション(書籍)
  • 最大70%OFF!冬のビジネス実用書フェア(書籍)
  • 最大93%OFF フラウス 冬のグラビアSUPER SALE!(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる

Yahoo!プレミアム会員なら電子書籍がもっとお得に楽しめる! 閉じる