ブックストアトップ 

書籍 

生活、実用 

いい人生は、最期の5年で決まる

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

いい人生は、最期の5年で決まる

著作:樋野興夫

価格: 800円+税64円

Yahoo!プレミアム会員になると通常ポイント2倍+期間固定Tポイント3倍※!


※Yahoo!プレミアム会員になるとこちらの特典が受けられます。
※進呈するポイントは、期間固定Tポイントです。Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外では利用できません。
※期間固定Tポイントの有効期間はポイント進呈日の翌々月末日までとなります。

変えられないことは悩んでも仕方がないがん哲学外来・創始者がみつめた、たった一度の人生を輝かせる、生き方とは

■がん患者3000人と対話してわかった 後悔しない最後の迎え方メスも薬も使わずに言葉の処方箋だけで生きる希望を与えてきた「がん哲学外来」。創始者である著者が、3000人のがん患者を診る中で、気づいた、死が怖くなくなる生き方とはなにか――?著者は、いい人生だったかどうかは、最後の5年間で決まるといいます。しかし、誰にとっても「最後の5年」はいつ訪れるかわからないもの。ならば、今日がその一日として生きるしかない。「なぜ病気になったのか」と、くよくよ悩むくらいなら、スパっと煙草や悪い習慣をやめる。「あれをやっておけばよかった」と後悔するくらいなら、今日から始めてみる。死を意識すると、とたんに「今」が輝き始めます。がん哲学外来という、もっとも「死」「病」に近いところに従事する者が投げかける、メッセージ。

著作者情報著作者情報
著作:樋野興夫
樋野興夫(ひの おきお):順天堂大学医学部病理・腫瘍講座教授。医学博士。癌研究会研究所(癌研)病理部・実験病理部、米国アインシュタイン医科大学肝臓研究センターなどを経て現職。2008年1月から3カ月間、順天堂医院に開設された「がん哲学外来」は評判を呼び、翌年、一般社団法人「がん哲学外来」を設立、理事長に就任。「がん哲学外来・カフェ」は全国に120以上も開かれている。肝がん、腎がんの研究で日本癌学会奨励賞、高松宮妃癌研究基金学術賞受賞。「新渡戸・南原賞」の第1回受賞者でもある。著書多数。
対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

  • (C) Okio Hino 2017
  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
いい人生は、最期の5年で決まる
提供
開始日
2017年
3月6日
ファイル
容量
約4MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
SB新書
出版社 SBクリエイティブ
カテゴリー 生活、実用
ジャンル 人文、思想
  • 季節の変わり目に!健康法・健康レシピ本特集(書籍)
  • 2017 冬もぴっかぴか小デジ!感謝祭(書籍)
  • 通勤・スキマ時間にスキルアップ特集(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる

人気マンガがあたるくじ & ポイントキャンペーン 実施中 閉じる