ブックストアトップ 

書籍 

専門書 

ウナギの保全生態学

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

ウナギの保全生態学

著作:海部健三

その他:

価格: 1,600円+税128円

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

食材としても,「謎の生物」としても,注目を集めるニホンウナギ。2013年には環境省が,2014年にはIUCNが,本種を絶滅危惧種に指定。本書は,最新の知見に基づき,ニホンウナギの保全と持続的利用を進めるための,具体的な指針を提示する。

本書は,第1章から第3章および終章の,4つの章から構成される。第1章では,保全と持続的利用を考えるうえで必要とされる,必要最低限のニホンウナギの生態の特徴を簡潔にまとめた。第2章では,個体数減少の状況からその理由まで,ニホンウナギの現状をまとめている。第3章では,放流など現在行われている保全と持続的利用のための対策を整理し,それに基づいて本種の生態に適した保全と持続的利用の方策を,漁業管理,河川と沿岸域の環境,社会における情報共有と合意形成の視点からまとめている。終章では,第1~3章およびコラムに基づき,日本社会の実情も勘案して,保全と持続的利用を実現するための具体的な方策「ニホンウナギの保全と持続的利用のための11の提言」を提案している。ニホンウナギ減少の問題は,伝統的食文化の問題であると同時に,環境保全と開発のバランス,資源の持続的利用という,より大きな問題をその背景としている。本書は,この問題を大局から俯瞰し,問題解決というゴールへ適切に近づくための羅針盤である。

著作者情報著作者情報
著作:海部健三
海部健三(かいふ けんぞう):中央大学法学部准教授・中央大学研究開発機構ウナギ保全研究ユニットリーダー。1973年東京都生まれ。1998年に一橋大学社会学部を卒業後、社会人生活を経て2011年に東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程を修了し、博士(農学)の学位を取得。東京大学大学院農学生命科学研究科特任助教、中央大学法学部助教を経て、2016年より現職。専門は保全生態学。2013年に国際自然保護連合(IUCN)ウナギ属魚類専門家サブグループとして、ニホンウナギを含むウナギ属魚類の評価に参加。
その他:鷲谷いづみ
:鷲谷いづみ(わしたに いづみ):東京大学名誉教授、中央大学理工学部人間総合理工学科教授。1950年東京都生まれ。1972年に東京大学理学部を卒業、1978年に東京大学大学院理学系研究科博士課程を修了し、理学博士の学位を取得。筑波大学生物科学系講師、助教授、東京大学大学院農学生命科学研究科教授を経て、2015年より現職。専門は保全生態学。みどりの学術賞、日本生態学会功労賞などを受賞。里山や水辺の生物多様性の保全と再生などに関する幅広い研究や普及活動を行っている。
対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

  • (C) Kenzo Kaifu 2016
  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
ウナギの保全生態学
提供
開始日
2017年
1月13日
ファイル
容量
約14MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
-
出版社 共立出版
カテゴリー 専門書
ジャンル 科学、テクノロジー
  • フラウス写真集 400作品以上ラストサマーSALE(書籍)
  • 作って楽しい!食べておいしい!  「食」特集(書籍)
  • 角川歴彦新刊フェア(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる

対象タイトル1000円ごとに200ポイントプレゼントキャンペーン開催中! 2017年度上半期おすすめタイトルをまとめてチェック! 閉じる