女子コミ!

ブックストアトップ 

書籍 

専門書 

生体防御・社会性 守(ホルモンから見た生命現象と進化シリーズVII)

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

生体防御・社会性 守(ホルモンから見た生命現象と進化シリーズVII)

著作:水澤寛太矢田崇

価格: 2,900円+税232円

プレミアム会員なら5倍!!

本書では、生体防御を司る内分泌系に焦点をあて、体内における防御機構として免疫系、個体における防御機構として擬態や保護色、体色変化、粘液など、集団における防御機構として群れやなわばり、社会順位、昆虫の社会性などを紹介した。

※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。生物は身を守るためにさまざまな防御手段をもっている。分子レベルで異物を認識し排除する免疫、自らの姿を周囲の風景に溶け込ませることによって敵をやり過ごす擬態、全体の力で外敵に備える“群れ”……。これらの別個に見える一連の防御活動に広く目を向けることは、ホルモンの多機能性と進化を理解する上で大変に重要である。本書では、生体防御を司る内分泌系に焦点をあて、第一部では体内における防御機構として、おもに免疫系についてさまざまな観点から解説した。第二部では個体における防御機構として、擬態や保護色、体色変化、粘液などを取り上げた。第三部では集団における防御機構として、群れやなわばり、社会順位、昆虫の社会性などを紹介した。防御の進化の過程を理解するためには“攻撃”の進化の過程にも目を向ける必要があることから、抗菌ペプチドやヘビ毒などについて、また外分泌系と体内の生体防御メカニズムは無関係ではないとの視点から、魚類と両生類の外分泌系などについても章をあてて紹介した。

著作者情報著作者情報
著作:水澤寛太
水澤寛太(みずさわ かんた):北里大学海洋生命科学部准教授、博士(農学)。1974年千葉県に生まれる。東京大学農学部卒業、東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程修了。
著作:矢田崇
矢田崇(やだ たかし):水産研究・教育機構中央水産研究所研究グループ長、博士(理学)。1964年東京都に生まれる。東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。
対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

  • (C) Kanta Mizusawa、Takashi Yada 2016
  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
生体防御・社会性 守(ホルモンから見た生命現象と進化シリーズVII)
提供
開始日
2016年
12月17日
総ページ数 280ページ
立ち読み
ページ数
57ページ
ファイル
容量
約105MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
-
出版社 裳華房
カテゴリー 専門書
ジャンル 科学、テクノロジー
  • オシリス文庫 けしからんWeb小説フェア(書籍)
  • 【無料】出かけよう!旅行、芸術特集(書籍)
  • うきうきグラドルキャンペーン(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる

大感謝祭 ポイント最大45倍キャンペーン 閉じる