ブックストアトップ 

書籍 

専門書 

行動情報処理 自動運転システムとの共生を目指して

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

行動情報処理 自動運転システムとの共生を目指して

価格: 1,600円+税128円

2.001

Yahoo!プレミアム会員になると通常ポイント2倍+期間固定Tポイント3倍※!


※Yahoo!プレミアム会員になるとこちらの特典が受けられます。
※進呈するポイントは、期間固定Tポイントです。Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外では利用できません。
※期間固定Tポイントの有効期間はポイント進呈日の翌々月末日までとなります。

データ中心科学の方法論を使って、行動を予測したり、行動に内在する人間の個性・状態・意識を理解したりする技術「行動情報処理」。振り込め詐欺通話を検出する技術や、自動車の運転行動に関する研究の最前線を紹介する。

"行動情報処理は,人間の行動に伴う様々な情報をセンサで取得し,データとして解析することで,将来の行動を予測したり,行動に内在する個性・状態・意識を理解したりする技術です。本書では著者のこれまでの研究のうち,IT企業と共同で開発を進めた,振り込め詐欺通話を検出する技術を紹介した後,自動車の運転行動に関する研究をメインテーマとして取り上げます。第1章では,行動情報処理とはどのような技術なのかを概説します。第2章では,行動情報処理に必要なデータ分析方法の数理的な基礎知識を解説します。第3章では,行動の個性(=その人らしさ)を特徴づける量の計算方法を解説します。第4章では,行動を予測する方法を解説します。第5章と第6章では,人間の行動から感情や状態を推定する方法を解説します。本書で取り上げる運転行動の研究は,アクセルやブレーキペダルの踏み方からドライバーを識別する,ドライバーによる車間距離や速度の違いを予想する,車線変更の際の視線方向やペダル操作から危険運転を検出する,といった「人間の運転をコンピューターがどのように理解するか」に関する研究であり,今後自動運転が社会に普及するために,欠くことのできない研究です。"

著作者情報著作者情報
著作:武田一哉
著者:武田一哉(たけだ かずや):1985年名古屋大学大学院工学研究科博士前期課程修了。現在、名古屋大学大学院情報科学研究科教授、博士(工学)。専門、行動信号処理。
著作:土井美和子
コーディネーター:土井美和子(どい みわこ):1979年東京大学大学院工学系研究科修士課程修了。現在、国立研究開発法人情報通信研究機構監事、博士(工学)。専門、ヒューマンインタフェース。
対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

レビュー・感想

総合 2.00(1件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 2

    狐舞2016年3月19日

     人間の行動を数値化することで行動を予測したり、心理状態を推測し「モノ」の制御に反映することの紹介。振り込み詐欺を見破るなどかなり凄いことが実現できている。ただ、本書の内容は専門書における各章冒頭の概要+αといった感じで内容が薄...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • (C) Kazuya Takeda 2016
  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
行動情報処理 自動運転システムとの共生を目指して
提供
開始日
2016年
11月28日
ファイル
容量
約7MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
-
出版社 共立出版
カテゴリー 専門書
ジャンル 科学、テクノロジー
  • ラノベラッピングフェア 冬 角川ビーンズ文庫編(書籍)
  • 祝「このライトノベルがすごい!2018」第1位獲得!「本好きの下剋上」合本版半額フェア!(書籍)
  • 旅行シーズンに最適!危ない旅行書フェア(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる

最大10000pt! ブックストア年末セール開催中 閉じる