女子コミ!

ブックストアトップ 

書籍 

専門書 

知っておきたい化学物質の常識84 なんとなく恐れている事故や公害から、“意外と正体を知らない”家庭用品まで

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

知っておきたい化学物質の常識84 なんとなく恐れている事故や公害から、“意外と正体を知らない”家庭用品まで

価格: 1,000円+税80円

3.304

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

公害や環境問題が報じられるときに耳にする、さまざまな化学物質。けれど、化学で分析できる物質はすべて化学物質ともいえるのです。

※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。身近にあるのに意外と知らないもの、使い方によって有害なものにも便利なものにもなるもの、昔から用いられていて近年危険だとわかったもの、健康によいとされているけれど真偽があいまいなもの…。そんな物質の正体やしくみについて、原子・分子レベルに迫る、あるいは全体の流れや実情を追うことで、13人の著者が解説していきます。素朴な疑問を解消するとともに、有害物質を正しく警戒し、身のまわりのアイテムや食べ物を暮らしに役立てるための1冊です。

著作者情報著作者情報
著作:編著:左巻健男
左巻健男(さまき たけお):1949年、栃木県生まれ。千葉大学教育学部卒。東京学芸大学大学院教育学研究科修了(物理化学講座)。同志社女子大学教授などを経て、現在は法政大学教職課程センター教授。著書は『面白くて眠れなくなる物理』(PHP研究所)、『ニセ科学を見抜くセンス』(新日本出版社)、『図解・化学「超」入門』(サイエンス・アイ新書)など多数。
編著:一色健司
一色健司(いっしき けんじ):1958年生まれ。理学博士。高知県立大学地域教育研究センター教授。専門は分析化学、水圏環境化学、海洋化学。大学では基礎化学、環境科学、科学文化に関する科目を担当し、これらを通じて、科学リテラシーの多様な観点での把握と強化を願っている。
対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.30(4件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 3

    石井信之2017年2月16日

    〈本のまとめ〉
    恐ろしいアフラトキシン。カビ毒は300種類以上。

    日本には名前がつけられているキノコが3000種ほど分布。毒性をもつ毒キノコは300種ほど。名前のついていないキノコは日本には5000〜1万種

    全文表示
  • 3

    danner2017年1月19日

    現代社会における化学物質について広く浅く読みやすく取り込んでいる。興味のある中高生、興味の無い大学生・新社会人あたりに読んでおいてほしい。いわゆる放射脳、陰謀論者には手遅れなので、そうなる前に予防接種・ワクチンとしての本書。

  • 0

    kyuri242017年1月18日

    最近話題の水素水から発がん性物質、はたまた毒物まで。様々な化学物質について、わかりやすく解説した本です。どの項目も見開き1or2ページで書かれているので、興味のあるところから気軽に読むことができます。

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • (C) 左巻健男・一色健司 2016
  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
知っておきたい化学物質の常識84 なんとなく恐れている事故や公害から、“意外と正体を知らない”家庭用品まで
提供
開始日
2016年
11月16日
総ページ数 191ページ
立ち読み
ページ数
47ページ
ファイル
容量
約66MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
サイエンス・アイ新書
出版社 SBクリエイティブ
カテゴリー 専門書
ジャンル 科学、テクノロジー
  • めいっぱいグラビアセール(書籍)
  • お仕事「時短術」特集(書籍)
  • ちょっと今から仕事やめてくるフェア(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる