お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

夜行

著作:森見登美彦

価格: 1,260円+税100円

3.60154

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

僕らは誰も彼女のことを忘れられなかった。

 私たち六人は、京都で学生時代を過ごした仲間だった。十年前、鞍馬の火祭りを訪れた私たちの前から、長谷川さんは突然姿を消した。十年ぶりに鞍馬に集まったのは、おそらく皆、もう一度彼女に会いたかったからだ。夜が更けるなか、それぞれが旅先で出会った不思議な体験を語り出す。私たちは全員、岸田道生という画家が描いた「夜行」という絵と出会っていた。
 旅の夜の怪談に、青春小説、ファンタジーの要素を織り込んだ最高傑作!
「夜はどこにでも通じているの。世界はつねに夜なのよ」

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.60(154件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 5 ネタバレ

    dejikokeeper2017年4月10日

    ユーモア満載と怖い世界と、対照的な物語を書ける著者の、これは怖いほう。なんだか嫌な感じがしながらも、次を読まずにいられない気にさせられる。本当に失踪したのはいったい誰。暗闇を表現させたら森見さんはぴか一。

  • 5

    musamika2017年4月10日

    メビウスの輪のように
    一度夜の世界にはいったら
    永遠に終わらない 
    夜をたどっているのではないか
    という疑問が恐ろしいです

  • 4

    ○眼鏡2017年4月4日

    『夜行』という連作銅版画を巡る物語。

    10年前に失踪した女。
    10年ぶりに集まる仲間たち。

    そこで語られる不思議な物語。

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
夜行
提供
開始日
2016年
10月25日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
-
出版社 小学館
カテゴリー 文芸
ジャンル 日本SF、ファンタジー
  • モテるひとのやっていること特集(書籍)
  • 新刊配信記念 人気著者作品試し読み増量キャンペーン!!(書籍)
  • 秋のオーバーラップ試し読み増量フェア!(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる