お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

罪の声

著作:塩田武士

価格: 1,350円+税108円

4.20103

プレミアム会員なら最大50倍

京都でテーラーを営む曽根俊也は、父の遺品の中からカセットテープと黒革のノートを見つける。ノートには英文に混じって製菓メーカーの「ギンガ」と「萬堂」の文字。テープを再生すると、自分の幼いころの声が聞こえてくる。それは、31年前に発生して未解決のままの「ギン萬事件」で恐喝に使われたテープとまったく同じものだった。週刊文春ミステリーベスト10 2016年【国内部門】第1位!

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 4.20(103件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 4

    ku-suke2017年4月11日

    私が子供の頃に起きた、グリコ森永事件を題材にした一作。当時の記憶はうっすらとしかないが、それにしても、あまりの面白さ・生々しさに、久しぶりに無我夢中で読んだ。カテゴリーとしてはミステリーで、もちろんフィクションなのだけど、その枠に収まらない...

    全文表示
  • 3

    ryo-task2017年4月11日

    犯行テープと幼少期の自分の声、“くら魔天狗”の予告状・挑戦状、仕手筋、キツネ目の男と「し乃」での会合、消えた一家、もう一組の子供、「うまくいかなくなると対局の思想を持つ政治家がひっくり返す」…グリコ森永...

    全文表示
  • 4

    トミカ462017年4月9日

    心理や背景について無駄な描写の少ない「素数」的文章で書かれたお話。
    小説という形を借りたノンフィクションみたいな。
    好み。

    ぶっちゃけ前半はあんまり面白味も感じられず、途中で「あれ?これ誰だっけ?」な箇所も多少あっ...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
罪の声
提供
開始日
2016年
8月26日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
-
出版社 講談社
カテゴリー 文芸
ジャンル 日本文学
  • 30円SALE デジタルピーチ夏のグラビアキャンペーン(書籍)
  • グラビアサマーセール(書籍)
  • 解禁シリーズ8月セール(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる

超絶エンタメ祭 Yahoo!プレミアム会員ならポイント50倍 閉じる