ブックストアトップ 

書籍 

エンターテイメント 

東天の獅子 天の巻・嘉納流柔術 4

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

東天の獅子 天の巻・嘉納流柔術 4

著作:夢枕獏

価格: 580円+税46円

4.003

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

身体のあらゆる部位を必殺の武器となす琉球の武術「唐手(トゥディー)」。二度目の「警視庁武術試合」で、保科(西郷)四郎の相手は唐手の使い手に決まった。しかし強さの頂点に迫る中で四郎は告白する。「闘うことがこわい」骨が砕け、肉が潰れ、魂が軋む死闘をへて、苦悩の末に下した決断とは――。明治武道界に嘉納治五郎が起こした革命の物語『東天の獅子 天の巻』、感動の最終巻。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

※購入済み商品はカートに追加されません。

レビュー・感想

総合 4.00(3件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 3

    nur12022015年7月4日

    やはり、円太郎のエピソードが印象深いですね。
    とは言え、格闘小説、やはり格闘パートもそれぞれに良くて。
    中村−佐村の試合の記述もすばらしいし、保科の試合も良いけれど、やっぱり横山の試合が一番良かったかな。
    主人...

    全文表示
  • 5

    風太郎2015年4月26日

     二度目の「警視庁武術試合」で西郷四郎は、唐手の使い手と死闘を繰り広げる。死闘を経て、苦悩の末に四郎が下した決断とはー。

     4巻まで一気に読まされました。

     これほどまでに熱い格闘・時代小説いわゆる剣豪小説があっ...

    全文表示
  • 4

    hiroic2015年4月18日

    沖縄唐手の達人と講道館 四郎による、行き詰まる寝技と立ち技の死闘の先にあった、決まり手『それまで』。 同じく講道館四天王 横山と、中村半介の死闘は、さながら全日本プロレス四天王時代の、60分フルタイム激戦の様。その決着は『あずかり』。凄か結...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
東天の獅子 天の巻・嘉納流柔術 4
提供
開始日
2016年
7月1日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
-
出版社 双葉社
カテゴリー エンターテイメント
ジャンル エンターテイメント
  • 秋のオーバーラップ試し読み増量フェア!(書籍)
  • オススメエッセイ、雑学特集(書籍)
  • デジイチ2017 第3弾(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる