ブックストアトップ 

書籍 

エンターテイメント 

いまなぜ白洲正子なのか

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

いまなぜ白洲正子なのか

著作:川村二郎

価格: 800円+税64円

4.206

Yahoo!プレミアム会員になると通常ポイント2倍+期間固定Tポイント3倍※!


※Yahoo!プレミアム会員になるとこちらの特典が受けられます。
※進呈するポイントは、期間固定Tポイントです。Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外では利用できません。
※期間固定Tポイントの進呈⽇・有効期限・獲得上限等が通常Tポイントと異なります。

日本の美の定点観測者、白洲正子を描いたはじめての評伝。白洲次郎、青山二郎、小林秀雄、吉田茂…多彩な人脈を紐解きながら、能、骨董、花など卓越した鑑識眼がなぜ生まれたのかを探る。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 4.20(6件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 4

    konchan2014年9月12日

    この人は別格だが、幸田文、塩野七星と同じ雰囲気を感じる。
    一本気で意思の強そうな(本人を知らないので「そうな」を付す)女性の文章や伝記は大層痛快。
    しかし、著者のあとがきがいけない。
    白州正子へのノロケにしか読めず、せっか...

    全文表示
  • 4

    montshiba2014年5月8日

    「文化とは日々の暮らし」という白州正子が遺した言葉に、とても感銘を受ける。今後一層アンテナを広げて、良い物に触れていきたいと思う。
    他にもハッとさせられた名言多数。白州正子の言葉、考え、原理原則に、日々のヒントを得ることが出来た。

  • 0

    ararachan2012年3月25日

    白洲正子はとんでもないお金持ちの娘だし、幼いころから本物に囲まれて生きている人である。わたしは庶民のふつうの家で生まれた凡人であるし、長い間自分の心というものと真剣に向き合うということをしてきてこなかった。白洲正子は人一倍、自我意識が強い。...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
いまなぜ白洲正子なのか|川村二郎|エッセー|電子書籍 - Yahoo!ブックストア
提供
開始日
2016年
4月8日
ファイル
容量
約2MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
-
出版社 東京書籍
カテゴリー エンターテイメント
ジャンル エッセー
  • 幻冬舎 電本フェス(書籍)
  • 【無料】映画公開目前!『ビブリア古書堂の事件手帖』新刊配信記念フェア(書籍)
  • ゴマブックス 秋の感謝祭 第1弾(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる

Yahoo!プレミアム会員なら電子書籍がもっとお得に楽しめる! 閉じる