女子コミ!

ブックストアトップ 

書籍 

専門書 

薬を抜くと、心の病は9割治る 精神科クリニックで行っている栄養療法の驚くべき実績

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

薬を抜くと、心の病は9割治る 精神科クリニックで行っている栄養療法の驚くべき実績

著作:神津健一

価格: 1,000円+税80円

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

もう、薬に頼るのはやめよう! 精神科で行われている薬漬けは、病気を治すどころか症状を重くしているだけ。この本には回復するための処方箋がいっぱい詰まっている。

"長い間、何種類もの薬を飲んで来た人が急に減薬、断薬するのは危険です。でも、あきらめることはありません! 正しい食事と栄養療法で、着実に薬を減らし、見事に回復した人たちがいます。精神科における薬物療法の危険性に気付き、理想の治療法を探し続けた医師が、ついにたどり着いた細胞(膜)栄養療法。「薬漬け医療」の怖さを渾身の力を込めて訴えながら、回復の処方箋を明確に示しています。人間が本来そなえている治癒力と細胞のもつ限りない力を信じた病気の治し方を紹介。"

著作者情報著作者情報
著作:神津健一
神津健一(こうづ けんいち):1940年、長野県に生まれる。早稲田大学を経て米国・APIU大学院博士課程修了、医学博士。医療法人社団・一友会ナチュラルクリニック代々木会長。NPO法人 予防医学・代替医療振興協会理事長。著書に『驚異の頭脳食品“レシチン”』(毎日新聞社)、『心の病を癒す脳内食品』(トレランス出版)、『あきらめない! 認知症の予防と改善』(ぶんぶん書房)、『脳内汚染・心の病を治す栄養療法』(共著・長崎出版)、『医者が心の病に無力なワケ』(共著・三五館)ほか多数がある。
対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

  • (C) Kenichi Kouzu 2014
  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
薬を抜くと、心の病は9割治る 精神科クリニックで行っている栄養療法の驚くべき実績
提供
開始日
2016年
2月12日
ファイル
容量
約4MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
-
出版社 素朴社
カテゴリー 専門書
ジャンル 医学、薬学
  • めいっぱいグラビアセール(書籍)
  • 夏目前!ダイエット特集(書籍)
  • 解禁シリーズ5月セール(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる