女子コミ!

ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

もう声なんかいらないと思った

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

もう声なんかいらないと思った

著作:大橋弘枝

価格: 800円+税64円

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

先天性聴覚障害者に生まれながらも、「小さき神のつくりし子ら」で主演し、第7回読売演劇大賞・優秀女優賞を受賞するなど、女優・ダンサーとして活躍する著者の元気と勇気がいっぱい詰まった青春記。

"「聞こえない世界」に生まれ、血のにじむような努力の末、習得した言葉と口話。「聞こえる世界」との狭間で、もがき苦しんだ少女時代。あくまで口話にこだわる母親との葛藤、社会への絶望、自暴自棄と虚無の時間の中、自分の喉をつぶしてしまおうとまで考えた著者が、ダンスに出会い、表現者として生きる道を発見するまでの心の軌跡を余すところなく吐露した感動の書。著者の真摯でパワフルな生き方に、勇気と希望が湧いてくると、評判の書。"

著作者情報著作者情報
著作:大橋弘枝
大橋弘枝(おおはし ひろえ):1971年生まれ。生まれつき耳が聞こえないが、両親の献身的な教育により口話を習得する。私立作新学院を卒業後、手話演劇やダンス、自主映画制作を始める。1997年に制作した『姉妹』で「サイト映像展」入選。1999年俳優座劇場プロデュースの『小さき神のつくりし子ら』の主役・サラ役で、第7回読売演劇大賞優秀女優賞を受賞。2002年、初制作のミュージックビデオが、アメリカの「メディア・アクセス・アワード賞」で第2位を受賞。現在、女優、サインボーカル・ダンサーとして活躍中。
対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

  • (C) Hiroe Ohashi 2004
  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
もう声なんかいらないと思った
提供
開始日
2016年
2月12日
ファイル
容量
約8MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
-
出版社 出窓社
カテゴリー 文芸
ジャンル ノンフィクション
  • スターツ出版 ベリーズ文庫・マカロン文庫 極上ハイスペック男子フェア(書籍)
  • グラビアラブMAXセール(書籍)
  • 新生活応援 100円200円300円フェア(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる