ブックストアトップ 

コミック 

青年コミック 

花井沢町公民館便り 2巻

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

花井沢町公民館便り 2巻

価格: 500円+税40円

3.909

Yahoo!プレミアム会員になると通常ポイント2倍+期間固定Tポイント3倍※!


※Yahoo!プレミアム会員になるとこちらの特典が受けられます。
※進呈するポイントは、期間固定Tポイントです。Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外では利用できません。
※期間固定Tポイントの有効期間はポイント進呈日の翌々月末日までとなります。

わたしたちの住む花井沢町は、事故で外界から隔離されてしまいました。いずれ滅びるこの町で、わたしたちは今日も生きています。

2055年。わたしたちの町・花井沢町は、ある事故に巻き込まれ外界から隔離されてしまいました。どこにも行けず、誰もやってこない。いずれ滅びるこの町で、わたしたちは今日も普通に生きています。焼き立てパンが食べたい! パン屋を目指す女の子。閉ざされた町で、「どこにでも行ける魔法のじゅうたん」――小説を書く作家。望まない妊娠をし、子供を身ごもった女性の慟哭。町で起きる喜びと悲哀を、静かにつづる連作集。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット

※購入済み商品はカートに追加されません。

レビュー・感想

総合 3.90(9件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 4

    see_you_cowboy2016年2月21日

    ある日突然境界線が出来て外界から遮断された町、花井沢町。絶望の中の希望。それは図書館だったり、映画館だったりする。高齢化し、経済は変容し、未来に希望の見えない閉塞的な世界。花井沢町は、私が住んでいる世界と変わらない。

  • 4

    かわず2016年2月12日

    あれから数年後とか数日後とか色々。
    レズビアンの二人が悲しい。「お母さんになりたい」ってのが悲しい言葉になるなんて。つらいな。

  • 4

    ksnkaym2016年2月12日

    月並みな表現ではあるけれど、
    どうしようもなく閉じ込められて死んでいくだけの街のなかで、そこでもひたむきに生きることの重みを感じた2巻。パンの話がよかったです
    主人公2人しあわせになれ

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • (c)Tomoko Yamashita/講談社
  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
花井沢町公民館便り 2巻
提供
開始日
2016年
1月22日
総ページ数 194ページ
立ち読み
ページ数
15ページ
ファイル
容量
約26MB
初版 2016年
掲載雑誌
/レーベル
アフタヌーン
出版社 講談社
カテゴリー 青年コミック
ジャンル ドラマ
  • 「ブラックナイトパレード」発売記念 中村光フェア
  • 【無料】90年代激アツコミック !森一族 太平記 ほか多数!
  • 【無料】ネオンに咲け!夜の世界で生きる女特集

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる

最大10000pt! ブックストア年末セール開催中 閉じる