ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

日々ごはん(10)

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

日々ごはん(10)

著作:高山なおみ

価格: 1,100円+税88円

4.3014

プレミアム会員なら5倍!!

若い友人たちの結婚に幸せをわけてもらう秋から冬への日々。はじめての仕事が暮らしに小さな変化をもたらした冬から春への日々。毎日を深呼吸するように味わい、描きます。2006年9月~2007円2月の日記を収録。

10巻では「スイセイ留守番日記」が初登場します。『日々ごはん』(1)~(12)の続きは、『帰ってきた日々ごはん』として2015年発売。<ある日の日記より>そういえば昨夜、「自然」ということについて、寝る前に考えていた。私が思う自然というのは、土とか木々ももちろんそうだけど、動物、空、雨、晴れ、光、虹、風とか、気温の変化とか、空気とか。時間もそう。人間が作意を持って、脳味噌を使って作られた以外のものがぜんぶ自然、かな? 街、建物、駅、地下鉄、電車、車、アスファルトなどは逆のものだけど、実はそういうものの中にも混じって、いっしょくたにあるもの。人間が到底つかまえられないもの。身をまかせるしかない、考えても仕方のないようなもの。そういうののことを自然といって、私にとって、それはいちばんくらいに大事なことなのだ。夕方になって、空が黄色くなったかと思ったら、ぽつりぽつりと降り出した。そのうち、屋根をたたく大降りに。せいせいとした気持ちになる。

著作者情報著作者情報
著作:高山なおみ
高山なおみ(たかやま なおみ):1958年静岡県生まれ。レストランのシェフを経て、料理家になる。料理と同じく、からだの実感に裏打ちされた文章への評価も高い。著書に『日々ごはん(1)~(12)』、『野菜だより』、『おかずとご飯の本』、『今日のおかず』(以上アノニマ・スタジオ)、『料理=高山なおみ』(リトルモア)、『今日もいち日、ぶじ日記』(新潮社)、『きえもの日記』(河出書房新社)、『はなべろ読書記』(KADOKAWAメディアファクトリー)など多数。
対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

※購入済み商品はカートに追加されません。

レビュー・感想

総合 4.30(14件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 4 ネタバレ

    mmm2016年7月8日

    さいきんすこしペースが落ちてきました。
    高山なおみさんのエッセイ。
    そろそろとまろうかな。。と思えど、あとすこし、と思うと読んでしまいます。

    本からの抜粋。

    ヨガをやっていると、毎朝の気分や体調のこと...

    全文表示
  • 5

    裏もちょこ2015年9月12日

    2015/09/12 再読

    スイセイさん登場。なかなかの文センスにびっくりするの巻。CMの仕事で中国に行ったりなんやかんやと忙しそうです。読んでいると、眠気を誘われます《退屈とか面白くないではなく》寝てしまいました(笑)

  • 0

    anonima-studio2014年7月28日

    若い友人たちの結婚に幸せをわけてもらう秋から冬への日々。はじめての仕事が暮らしに小さな変化をもたらした冬から春への日々。毎日を深呼吸するように味わいを描きます。2006年9月〜2007年2月の日記を収録。

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • (C) Naomi Takayama
  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
日々ごはん(10)
提供
開始日
2015年
10月1日
ファイル
容量
約5MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
-
出版社 アノニマ・スタジオ
カテゴリー 文芸
ジャンル エッセー
  • 角川歴彦新刊フェア(書籍)
  • 図があるからわかりやすい!記憶、勉強、仕事、人間関係特集(書籍)
  • 作って楽しい!食べておいしい!  「食」特集(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる

対象タイトル1000円ごとに200ポイントプレゼントキャンペーン開催中! 2017年度上半期おすすめタイトルをまとめてチェック! 閉じる