女子コミ!

ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

日々ごはん(2)

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

日々ごはん(2)

著作:高山なおみ

価格: 1,100円+税88円

3.9020

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

本の撮影、テレビの収録、「クウクウ」最後の日々。移りゆく季節の中で、高山さんの日常の探検は目まぐるしくもたんたんと続きます。好評日記エッセイ第2巻。2002年9月~03年2月までの日記を収録。

変化しながら、日々は続きます。『日々ごはん』(1)~(12)の続きは、『帰ってきた日々ごはん』として2015年発売。<ある日の日記より>ベランダのいちばん近くの木に、めじろが来ていた。ほとんど毎日家にいるので、季節の微妙な移り変わりをしっかりと感じられるようになった今日このごろ。今まで私は何十年も店の中で働いてきたから、外の変化にうとかったなーと思う。どんどん日が短くなる感じなんか、この年になるまで知らなかった。本当にすごいんだ。毎日少しずつ変わっていって、自然界では同じ日なんてまったくないのだと分かる。紅葉が輝いていることに気がついたあの日は、すでにあの日でしかなくて、もうすっかり葉が落ちて裸になった木に、この間は雪が積もった。そして今日はちょっと暖かく、めじろがその木にとまっていた。

著作者情報著作者情報
著作:高山なおみ
高山なおみ(たかやま なおみ):1958年静岡県生まれ。レストランのシェフを経て、料理家になる。料理と同じく、からだの実感に裏打ちされた文章への評価も高い。著書に『日々ごはん(1)~(12)』、『野菜だより』、『おかずとご飯の本』、『今日のおかず』(以上アノニマ・スタジオ)、『料理=高山なおみ』(リトルモア)、『今日もいち日、ぶじ日記』(新潮社)、『きえもの日記』(河出書房新社)、『はなべろ読書記』(KADOKAWAメディアファクトリー)など多数。
対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.90(20件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 5 ネタバレ

    mmm2016年3月16日

    がんがん読んどります。高山なおみさん日々ごはん。
    なぜ今まで存在を知らなかったのだろう。
    銀色夏生さんとばななさんのダイアリはずっと読んでいたのだけど、いまは高山なおみさんがばつぐんにヒットです。
    素敵な方。

    全文表示
  • 0

    mayugeco2015年5月31日

    2015.5.30
    いい毎日だな。
    好きなように遊んで仕事して食べて寝て。
    いい仲間がたくさんいて素敵だと思う。
    飾っていない、潔い文章だ。

  • 5

    裏もちょこ2015年4月13日

    再読 2015/04/13
    写真があり、天気を記入するようになりファンとしてはものすごく嬉しい。
    再読2016/09/23

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • (C) Naomi Takayama
  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
日々ごはん(2)
提供
開始日
2015年
10月1日
ファイル
容量
約7MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
-
出版社 アノニマ・スタジオ
カテゴリー 文芸
ジャンル エッセー
  • ちょっと今から仕事やめてくるフェア(書籍)
  • 夏目前!ダイエット特集(書籍)
  • 異世界・転生フェア(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる