女子コミ!

ブックストアトップ 

書籍 

生活、実用 

うちの息子ってヘンですか? 男子育児のしんどさが解消される本

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

うちの息子ってヘンですか? 男子育児のしんどさが解消される本

著作:小崎恭弘

価格: 1,300円+税104円

4.002

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

「大好き」でも「わからない」息子の胸の内

男の子ってワケわからない。でも、その習性・生態がつかめれば、あの行動もこの発言も思わず納得!とりわけ常識が通じない未就学男子の心の内がわかります。「息子とのもっといい関係づくり」の秘訣をまるごと教えてくれる!究極の「男子育児本」です。12年の保育士経験、男子3人の父親である著者が披露するエピソードは、笑ってしまうほど当てはまることばかり!?「わが息子の個性」と思っていた部分は、ほとんどが「男の子」の習性だと気づくはず。「どうしてそう捉えた?」と笑える話から、ちょっと涙腺が緩んでしまうかわいいエピソードまで……。本書を読めば、笑えて、心がほっこりして、今日からまた元気に息子に向き合いたくなるはず!当然ですが、お母さんたちは「女の子」を生きてきて、息子たちは「男の子」を生きています。おまけに、「大人と子ども」という違いもあります。「そんなの当たり前でしょ」と頭ではわかっていても、では、どう違うのかを理解するのは、意外に難しいもの。この本では、「男の子とはこういうもの」というパターン分析を施し、男の子が何に心を動かされるのかを解き明かしていきます。息子の心の内を、ある程度予測することができれば、育児の空回りが防げます。

著作者情報著作者情報
著作:小崎恭弘
小崎恭弘(こざき やすひろ):大阪教育大学教育学部・准教授。元保育士。兵庫県の公立保育所初の男性保育士として12年間、園児たちの保育に携わる。高校生の頃から野外活動の「キャンプのお兄さん」として、幼児や小学生男子ともどっぷりかかわってきた「男の子のプロ」。
対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 4.00(2件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 4

    shizzy2017年3月24日

    母親向けの男児育児本
    「男の子って女性からしたら意味不明だよね、 でも愛すべき生き物なんだぜ」から始まり
    「こういう特性があるからこういう風に扱ってね」という取り扱い方まで書いてある挿絵も豊富で読みやすい本
    最後のおすすめ...

    全文表示
  • 4

    さやぴぃ2015年12月19日

    母親が息子を理解できないのは、男の子だから…って、わかってるんだけど。

    姉妹で育った私には、2人の息子にはほんとに理解できない行動も発言も多く、寿命が縮んだ気もするけど。時間が経つと笑い話になるものも多く、楽しま...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • (C) 2015 Yasuhiro Kozaki
  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
うちの息子ってヘンですか? 男子育児のしんどさが解消される本
提供
開始日
2015年
9月24日
ファイル
容量
約27MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
-
出版社 SBクリエイティブ
カテゴリー 生活、実用
ジャンル 暮らし、健康、子育て
  • 小学館新書祭り!!!(書籍)
  • ちょっと今から仕事やめてくるフェア(書籍)
  • めいっぱいグラビアセール(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる