ブックストアトップ 

書籍 

専門書 

物語がつむぐ心理臨床 こころの花に水をやる仕事

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

物語がつむぐ心理臨床 こころの花に水をやる仕事

著作:三宅朝子

価格: 2,000円+税160円

プレミアム会員なら5倍!!

不妊治療を機に摂食障害になった母親、解離になるしかなかった中学生、抑うつになって初めて向き合うことになった夫婦、癌による死を前にセラピーを求めた家族――クリニックにやってきた10のケースをめぐる物語。

「不妊治療を機に摂食障害になった母親」「ミヤケを訪ねてたった一人でクリニックにきた少年」「解離になるしかなかった中学生」「激しいボーダーラインの女性」「抑うつになって初めて向き合うことになった夫婦」「癌による死を前にセラピーを求めた家族」─クリニックにやってきた、10のケースをめぐる物語。美しい言葉と繊細な表現を通して、心理臨床のリアルが語られる。……彼は私をみると、急いでポケットに手をつっこんで何かを探した。何やら紙を取り出して広げて私に見せた。それは皺くちゃになった一万円札だった。「ミヤケを一つ頼むわ! 金、じいちゃんにもらったお年玉だけど。このくらいあれば足りるか?」彼の額に汗がにじんでいた。私は驚いて、「ミヤケを一つ?」と聞きなおした。彼は、話がすぐに通じない事に少しいらついた調子で続けた。「オレの友だちがミヤケをやってるって。そいつすごく良くなったんだ。おれもいろいろ困っていることがたくさんあるからさ。ミヤケをやりたいんだ」

著作者情報著作者情報
著作:三宅朝子
三宅朝子(みやけ あさこ):愛知県生まれ、臨床心理士、日本精神分析学会認定心理療法士。1988年、名古屋大学大学院教育学研究科博士前期課程修了。2011年より、私設心理相談室あさ心理室開設(現在)。他に、人間環境大学などの大学や医療系専門学校の非常勤講師、保健所の乳幼児健診心理スタッフを兼任。著書に『仕事としての心理療法』(共著、人文書院、1999)『臨床心理学にとっての精神科臨床―臨床の現場から学ぶ』(共著、人文書院、2007)がある。
対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

  • (C) Miyake Asako 2012
  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
物語がつむぐ心理臨床 こころの花に水をやる仕事
提供
開始日
2015年
7月31日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
-
出版社 遠見書房
カテゴリー 専門書
ジャンル 人文、思想
  • 作って楽しい!食べておいしい!  「食」特集(書籍)
  • 角川歴彦新刊フェア(書籍)
  • 図があるからわかりやすい!記憶、勉強、仕事、人間関係特集(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる

対象タイトル1000円ごとに200ポイントプレゼントキャンペーン開催中! 2017年度上半期おすすめタイトルをまとめてチェック! 閉じる