女子コミ!

ブックストアトップ 

書籍 

専門書 

微分積分学の誕生 デカルト『幾何学』からオイラー『無限解析序説』まで

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

微分積分学の誕生 デカルト『幾何学』からオイラー『無限解析序説』まで

著作:高瀬正仁

価格: 2,000円+税160円

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

微積分にひそむ「エニグマ」の正体を探る!

※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。ギリシャ時代からの難問である作図問題を、「曲線を方程式で表す」という着想に基づいて明快に解き明かしたデカルト。しかし、なぜ彼は、「曲線の法線を引く」ことに強くこだわったのか。曲線の接線法と極大極小問題を同じやり方で巧みに解いたフェルマ。しかし、なぜ彼は、全く異なる問題が同じ方法で解けると見抜いたのか。「万能の接線法」を発明し、どんな曲線にも接線を引けると言いきったライプニッツ。彼の言う、「無限小の長さを無限につなげた曲線」とはどういうものであったのか。微分積分学が生まれ育つまでの数学者たちの思索の森へ読者を誘い、新しい数学が創られていく過程を鮮やかに描き出す、著者入魂の一冊。

著作者情報著作者情報
著作:高瀬正仁
高瀬正仁(たかせ まさひと):九州大学基幹教育院教授。専門は多変数関数論と近代数学史。2008年九州大学全学教育優秀授業賞受賞。2009年度日本数学会賞出版賞受賞。歌誌「風日」同人。著書に『ガウスの数論』『無限解析のはじまり』(ちくま学芸文庫)、『岡潔』『高木貞治』(岩波新書)、『ガウスの≪数学日記≫』『dxとdyの解析学』(日本評論社)『高木貞治とその時代』(東京大学出版会)『近代数学史の成立』(東京図書)『紀見峠を越えて』(萬書房)ほか多数。
対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

  • (C) 高瀬正仁 2015
  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
微分積分学の誕生 デカルト『幾何学』からオイラー『無限解析序説』まで
提供
開始日
2015年
7月20日
総ページ数 299ページ
立ち読み
ページ数
48ページ
ファイル
容量
約62MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
-
出版社 SBクリエイティブ
カテゴリー 専門書
ジャンル 科学、テクノロジー
  • 解禁シリーズ2月セール(書籍)
  • オンナのお悩み解決!(書籍)
  • スターツ出版 ベリーズ文庫・マカロン文庫 極上ハイスペック男子フェア(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる