ブックストアトップ 

書籍 

専門書 

本当は謎がない「幕末維新史」 幕府再生はなぜ失敗したのか?

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

本当は謎がない「幕末維新史」 幕府再生はなぜ失敗したのか?

著作:八幡和郎

価格: 700円+税56円

3.003

プレミアム会員なら5倍!!

大好評「本当は」歴史シリーズの幕末維新篇

なぜ坂本龍馬は暗殺されたのか? なぜ尊皇派と攘夷派に分かれたのか? なぜ会津は最後まで幕府側だったのか?──幕末維新の日本で何が起こっていたのか、その真実を解き明かす!

著作者情報著作者情報
著作:八幡和郎
八幡和郎(やわた かずお):1951年滋賀県大津市生まれ。東京大学法学部を卒業後、通商産業省(現経済産業省)に入省。フランスの国立行政学院(ENA)留学。大臣官房情報管理課長、国土庁長官房参事官などを歴任後、現在、徳島文理大学教授をつとめるほか、作家、評論家としてテレビなどでも活躍中。『本当は謎がない古代史』『本当は間違いばかりの「戦国史の常識」』(SB新書)など多数の著作がある。
対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.00(3件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 2

    yasz2014年7月27日

    幕末の興味はありますが、戦国時代の歴史探訪に偏っていたせいか、知る機会があまりありませんでした。そんな私が「本当は恐ろしい江戸時代」という本を読んで、江戸時代に対する認識を新たにさせてくれた、八幡氏による幕末の解説本を見つけて手にとってみま...

    全文表示
  • 4

    gipsy03062013年12月7日

    文字通り、幕末維新の各種のできごとについて丹念に記述した一冊。

    幕末の政治に関わった人を、現代の視点から分析してる。
    新撰組を神格化するような御仁には不向きかもしれないが、それ以外の一般の人にはお勧めの本。

  • 0 ネタバレ

    hakubotan2012年10月23日

     評価が難しい。

     佐幕派の中でも会津・桑名・新選組などにはばっさり。とりわけ龍馬暗殺の犯人は会津・桑名としている。

     一方、明治維新の立役者であった西郷隆盛や坂本龍馬や勝海舟にも一定の批判的な視線があり、史実を...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • (C) Kazuo Yawata
  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
本当は謎がない「幕末維新史」 幕府再生はなぜ失敗したのか?
提供
開始日
2015年
6月1日
ファイル
容量
約11MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
SB新書
出版社 SBクリエイティブ
カテゴリー 専門書
ジャンル 歴史、地理
  • 図があるからわかりやすい!記憶、勉強、仕事、人間関係特集(書籍)
  • 電本フェス 幻冬舎の電子書籍3000冊超が一挙40%以上OFF!(書籍)
  • 作って楽しい!食べておいしい!  「食」特集(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる

対象タイトル1000円ごとに200ポイントプレゼントキャンペーン開催中! 2017年度上半期おすすめタイトルをまとめてチェック! 閉じる