ブックストアトップ 

書籍 

専門書 

本当は間違いばかりの「戦国史の常識」

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

本当は間違いばかりの「戦国史の常識」

著作:八幡和郎

価格: 700円+税56円

2.907

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

誤解だらけの戦国時代の通説を一刀両断!

これまで時代小説やドラマなどで一般に広まった戦国時代のエピソードは間違いだらけだった!? しっかりした史実の検証を元に、今までウソがまかり通っていた戦国のイメージを見直し、本当の戦国時代の姿を追究していく。

著作者情報著作者情報
著作:八幡和郎
八幡和郎(やわた かずお):東京大学法学部を卒業後、通商産業省(現経済産業省)に入省。フランスの国立行政学院(ENA)留学。大臣官房情報管理課長、国土庁長官房参事官などを歴任後、現在、徳島文理大学大学院教授をつとめるほか、作家、評論家としてテレビなどでも活躍中。『本当は偉くない?歴史人物』『本当は謎がない古代史』(SB新書)、『愛と欲望のフランス王列伝』(集英社新書)、『江戸三〇〇藩最後の藩主』(光文社新書)、『歴代総理の通信簿』(PHP研究所)など多数の著作がある。
対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 2.90(7件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 3

    gipsy03062014年10月19日

    本当は間違いばかりのシリーズで有名な著者が、戦国史を分析した一冊。

    時代によって歴史考証は変わるものなので、自分が学生時代に学んだ数十年前と比べて変わってるのはわかるし、著者が正しい部分もあると思うが、?と思う箇所もあり。

  • 3

    こうすけ2014年9月3日

    戦国時代に関して流布している俗説を取り上げて「本当はこうだった」と対比しながら読みやすくまとまっています。真偽の程はどうあれ見方を変える事は大切だと思います、歴史が徳川軸であり薩長史観というのは納得。

  • 2

    akirakkyo19812013年3月26日

    ○○という認識は違う、というお話なのですがそもそもが歴史知識の乏しい当方にはその○○ということすら初見ということが多数でした。
    つまり、歴史が好きな方向けの逆説的な意見を述べた書籍だったと感じました。
    ワタクシにはどう正しいのか...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • (C) Kazuo Yawata
  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
本当は間違いばかりの「戦国史の常識」
提供
開始日
2015年
6月1日
ファイル
容量
約14MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
SB新書
出版社 SBクリエイティブ
カテゴリー 専門書
ジャンル 歴史、地理
  • 角川歴彦新刊フェア(書籍)
  • 新刊1冊目お試し読みフェア!(書籍)
  • 胸にストンと落ちる。自己啓発本50%offキャンペーン(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる

対象タイトル1000円ごとに200ポイントプレゼントキャンペーン開催中! 2017年度上半期おすすめタイトルをまとめてチェック! 閉じる