女子コミ!

ブックストアトップ 

書籍 

ビジネス 

一流の指導力 日米プロ野球で実践した「潜在力」の引き出し方

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

一流の指導力 日米プロ野球で実践した「潜在力」の引き出し方

著作:立花龍司

価格: 700円+税56円

3.303

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

部下や子どもの潜在力を100%発揮!

部下やチームのパフォーマンス、子どもたちの運動や学力を向上させたいと思ったら、なによりポジティブな思考法を植えつけることが大切。自分で考えて出した答えには、情熱を傾けて、最大限の努力をするもの。日本のプロ野球のみならず、日本人初のメジャーリーグのコーチとして活躍した著者が、コーチングの最新の知見を踏まえ、やる気を高めて潜在力を最大限に引き出すメソッドを公開する。スポーツで、仕事で、家庭で、役立つ一冊。

著作者情報著作者情報
著作:立花龍司
立花龍司(たちばな りゅうじ):89年近鉄バファローズにコンディショニング・コーチとして入団。94~96年千葉ロッテマリーンズのコンディショニング・コーチをへて、97年1月日本人初のメジャーリーグコーチとしてニューヨーク・メッツと契約。01年阪堺病院SCA(ストレングス&コンディショニングアカデミー)での活動を開始。06年東北楽天ゴールデンイーグルスのコンディショニング・ディレクターに就任。10年自身が主宰するジム「TACHIRYU CONDITIONING GYM」をオープン。
対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.30(3件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 3

    ナゴヤの本好き2013年2月9日

    コーチングの参考になった。とてもなった。

    野茂選手らのトレーナーだった立花さんの書。

    自分はまだまだだめ。

    「◯◯してはダメ」とネガティブな指示ばかり。もっと「◯◯しよう」というポジティブさを心がけ...

    全文表示
  • 3

    miyakawa19612012年6月6日

    「高目を捨てろ」という指導よりも「低めを狙え」という指導が結果を生むらしい。津田投手時代の山口南陽工業の前監督も講和で同じことを言っていました。「何々しちゃぁいけません」という叱咤は、指導よりも妨害になるんだなぁ。何々しようや!

  • 4 ネタバレ

    75kg2012年4月14日

    マスコミにもよく取り上げられていた方なので、どんなことを考えているのか知りたかった人の一人。
    本にも書かれているように、日本のコーチは「俺のいうことを聞け」タイプが多いのだと思う。その理由の一つは、選択させるだけのノウハウがないことも...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • (C) Ryuji Tachibana 2012
  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
一流の指導力 日米プロ野球で実践した「潜在力」の引き出し方
提供
開始日
2015年
6月1日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
SB新書
出版社 SBクリエイティブ
カテゴリー ビジネス
ジャンル 自己啓発
  • めいっぱいグラビアセール(書籍)
  • 夏目前!ダイエット特集(書籍)
  • 解禁シリーズ5月セール(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる