女子コミ!

ブックストアトップ 

書籍 

専門書 

大学キャリアセンターのぶっちゃけ話 知的現場主義の就職活動

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

大学キャリアセンターのぶっちゃけ話 知的現場主義の就職活動

著作:沢田健太

価格: 700円+税56円

4.0037

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

キャリアセンターだから見える就活の実態!著者の大学キャリアセンターでの経験をもとにして、現在の就職事情の実態や裏側をぶっちゃける一冊。大学、企業、保護者、そして何よりも就職活動の当事者である学生に向けて、その生々しい現実を伝える!

「キャリアセンターは素人集団?」「企業が求める個性って?」「就活生の親にかかるプレッシャーとは何か?」「就職ポータルサイトの功罪とは?」などなど、豊富な体験を通じて明かされる就活事情。学生から人事担当者まで幅広い層と触れ合う機会の多いキャリアセンターだからこそ把握している幾多の情報をここにぶっちゃける!

著作者情報著作者情報
著作:沢田健太
沢田健太(さわだ けんた):民間企業で営業職や人事職に従事。その後は、教育分野に転身。複数の大学(キャリアセンター)にて、キャリア形成支援に携わる。現在の主な関心事は、「就活と若者の不安」「正解を求めようとする就職活動生の意識」「大学におけるキャリア教育の今後」など。
対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 4.00(37件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 0 ネタバレ

    reinou2017年1月19日

    2011年刊。大学生の就活について、募集側・大学・学生(含む保護者)等多様な側面から現状解説。ぶっちゃけ話も多く、キャリアセンターの長短、募集側の裏面、学生の問題(個性の履き違え。資格信仰の誤謬)、大学間学歴格差、大学の就職率水増しのカラク...

    全文表示
  • 4

    kazuma10232016年6月30日

    大学では、手探りのキャリア教育が行われている。この本の内容は、今までのキャリア教育の現場を簡潔にまとめている。今一度振り返るために全体の概要を知る良いきっかけとなった。

  • 0 ネタバレ

    ふぁいやーふらい2015年9月3日

    「機械の平等」以上に「現場の混乱」をもたらしたのが、ナビサイト主導の就職・採用活動なのだ。
    説明会では「親切でいい会社だったね」という印象さえ残ればいい。

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • (C) Kenta Sawada 2011
  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
大学キャリアセンターのぶっちゃけ話 知的現場主義の就職活動
提供
開始日
2015年
6月1日
ファイル
容量
約4MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
SB新書
出版社 SBクリエイティブ
カテゴリー 専門書
ジャンル 社会、政治
  • めいっぱいグラビアセール(書籍)
  • 解禁シリーズ5月セール(書籍)
  • 異世界・転生フェア(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる