ブックストアトップ 

書籍 

ビジネス 

織田信長のマネー革命 経済戦争としての戦国時代

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

織田信長のマネー革命 経済戦争としての戦国時代

著作:武田知弘

価格: 700円+税56円

3.5013

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

信長の強さの秘訣は経済にあり!

安土城や鉄鋼船を生み出した“錬金術”とは? 現代にも通じる、その手腕を読み解く。戦国時代のヒーロー・織田信長。 彼の強さの秘密は経済にあった――。華々しい合戦が注目されがちな戦国時代だが、その裏側で群雄は経済でも競い合っていた。群雄割拠の乱世において信長はいかなる経済戦略を駆使していたのか。様々な角度からその非凡な手腕を探る一冊。

著作者情報著作者情報
著作:武田知弘
武田知弘(たけだ ともひろ):1967年福岡県出身。西南学院大学経済学部中退。1991年大蔵省入省。バブル崩壊前後の日本経済の現場をつぶさに見て回る。1998年から執筆活動を開始。1999年大蔵省退官、出版社勤務を経てライターとなる。:主な著書に『ヒトラーの経済政策』(祥伝社新書)、『戦前の日本』(彩図社)、『ワケありな日本経済』(ビジネス社)。:ブログ:武田知弘ブログ:http://blog.goo.ne.jp/takedatomohiro
対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.50(13件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 0 ネタバレ

    reinou2017年1月19日

    2011年刊。著者は元大蔵官僚。◆織田信長の成功は圧倒的な経済力を有するに至ったからという観点で、彼の政策・軍略を解読。◇経済力獲得要因は①寺の経済力を剥奪、②港の支配、③治安維持を中核とする築城、それに伴うデベロッパ的な都市形成。しかも、...

    全文表示
  • 4

    Nomu2016年10月17日

    戦国武将の経済的視点ぽい内容だったのでKindleセールで購入。戦国というとどうしても槍や鉄砲のドンパチを想定するが対寺、築城、港と軍資金を得る施策を実にリーズナブルに考えて実行してきた信長の考え方が面白かったです。比叡山焼き討ちなどどうし...

    全文表示
  • 4

    ホトケ2015年6月11日

    経済から見た信長礼讃書。
    但し天才では無くシンプルに誰もが考えていても実践に移せないことをやり遂げた実行力を評価しているのには同感。
    権威を上手く利用して他の人が創ったシステムを徹底改良しているのもあるがやはり飛び抜けた人物では...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • (C) Tomohiro Takeda 2011
  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
織田信長のマネー革命 経済戦争としての戦国時代
提供
開始日
2015年
6月1日
ファイル
容量
約2MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
SB新書
出版社 SBクリエイティブ
カテゴリー ビジネス
ジャンル ビジネス、経済
  • 電本フェス 幻冬舎の電子書籍3000冊超が一挙40%以上OFF!(書籍)
  • フラウス写真集 400作品以上ラストサマーSALE(書籍)
  • 新刊1冊目お試し読みフェア!(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる

対象タイトル1000円ごとに200ポイントプレゼントキャンペーン開催中! 2017年度上半期おすすめタイトルをまとめてチェック! 閉じる