ブックストアトップ 

書籍 

専門書 

本当は謎がない「古代史」

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

本当は謎がない「古代史」

著作:八幡和郎

価格: 700円+税56円

3.3012

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

『日本書紀』『古事記』から浮かぶ真実

「日本人の起源」「邪馬台国」「聖徳太子」「万世一系」の結論が明らかに! 日本の古代史ほど奇説・珍説が大手を振ってのさばっている国もない。有史以降については、『日本書紀』『古事記』に書いてあることを普通に読んで、皇国史観的な見方を排除していけば、おかしなことは書かれていないのだ。世界各国の歴史を見るのと同じように、自然体で日本の歴史を考察してみると、「謎」といわれていることのほとんどは「謎」ではない。「古代史の謎」とされるものは本当に「謎」といえるほどのことなのか。いますべての真実が明らかになる。

著作者情報著作者情報
著作:八幡和郎
八幡和郎(やわた かずお):東京大学法学部を卒業後、通商産業省(現経済産業省)に入省。フランスの国立行政学院(ENA)留学。大臣官房情報管理課長、国土庁長官房参事官などを歴任後、現在、徳島文理大学大学院教授をつとめるほか、作家、評論家としてテレビなどでも活躍中。『お世継ぎ』(文春文庫)、『歴代天皇列伝』(PHP研究所)などの著書があるなど皇室問題にも詳しい。ほかにも『本当は偉くない? 歴史人物』『坂本龍馬の「私の履歴書」』(いずれもSB新書)、『浅井三姉妹の戦国日記』(文春文庫)など著作多数。
対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.30(12件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 0

    anagramshi2016年3月2日

    定説をドラスティックにひっくり返すのではなく、他国との関係や記録に残す建前と現場の裁量との兼ね合いなどから察するに、より現実的な解釈はこうでしょう、という見方。邪馬台国がどこにあったかも、どういう位置付けか、から違う。

  • 3

    komagoma12013年10月19日

    古代史を中心に現代の日中韓の関係まで触れる。

    邪馬台国が大和政権と結びつかないと断定するところ以外は、空想的で突飛な説よりも、妥当性の高い説を採ろうとしている姿勢が感じられ、納得感がある。古代史を概観するにも適している1冊だ。

  • 3

    komtaro2013年8月21日

    それなりの知識のある古代史ファン向けの内容。
    自分は中学の日本史の授業で習った程度の知識しかなかったため、
    表面をなぞるくらいしか出来なかった。
    著者の意見もまたひとつの見解にすぎないのだろうが、
    少なくとも古代のこ...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • (C) Kazuo Yawata 2010
  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
本当は謎がない「古代史」
提供
開始日
2015年
6月1日
ファイル
容量
約7MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
SB新書
出版社 SBクリエイティブ
カテゴリー 専門書
ジャンル 歴史、地理
  • 秋のグラビアセール(書籍)
  • 秋のオーバーラップ試し読み増量フェア!(書籍)
  • デジタルピーチ人気グラビア10円SALE(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる