女子コミ!

ブックストアトップ 

書籍 

専門書 

動物行動の分子生物学

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

動物行動の分子生物学

価格: 2,400円+税192円

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

線虫、ショウジョウバエ、小型魚類、マウス、ミツバチを題材に、それぞれの動物の行動を生み出す脳や神経系ではたらく分子(遺伝子やRNA、タンパク質)が調べられた研究成果に焦点を当てて解説した。

遺伝子組換え技術が動物行動の解析手段として用いられるようになったのは1990年代半ば頃であるが、現在、分子レベルではどのような研究が進み、今後どのような発展が期待されているのだろうか。本書は線虫、ショウジョウバエ、小型魚類、マウス、ミツバチを題材に、それぞれの動物の行動を生み出す脳や神経系ではたらく分子(遺伝子やRNA、タンパク質)が調べられた研究成果に焦点を当てて解説した。また、近年発達したオプトジェネティクス(光遺伝学)手法についても詳説する。行動分子生物学をこれから勉強する方、また理解をさらに深めたい方にお薦めしたい。

著作者情報著作者情報
著作:久保健雄
久保健雄(くぼ たけお):1960年愛媛県出身。1983年東京大学薬学部卒業、1985年東京大学大学院薬学系研究科修士課程修了。博士(薬学)。2001年より東京大学大学院理学系研究科教授。
著作:奥山輝大
奥山輝大(おくやま てるひろ):1983年東京都出身。2006年東京大学理学部卒業、2011年東京大学大学院理学系研究科博士課程修了。博士(理学)。2013年よりマサチューセッツ工科大学にて日本学術振興会特別研究員SPD。
著作:上川内あづさ
上川内あづさ(かみこうち あづさ):1975年東京都出身。1998年東京大学薬学部卒業、2003年東京大学大学院薬学系研究科博士課程修了。博士(薬学)。2011年より名古屋大学大学院理学研究科教授。
著作:竹内秀明
竹内秀明(たけうち ひであき):1971年石川県出身。1994年東京大学薬学部卒業、1999年東京大学大学院薬学系研究科博士課程修了。博士(薬学)。2007年より東京大学大学院理学系研究科助教。
対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

  • (C) 久保健雄 (Takeo Kubo)・奥山輝大 (Teruhiro Okuyama)・上川内あづさ (Azusa Kamikouchi)・竹内秀明 (Hideaki Takeuchi), 2014
  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
動物行動の分子生物学
提供
開始日
2015年
5月18日
ファイル
容量
約21MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
-
出版社 裳華房
カテゴリー 専門書
ジャンル 科学、テクノロジー
  • 売れ筋文庫半額キャンペーン(書籍)
  • 恋する乙女のドキドキ時間(書籍)
  • 電本フェス 第2弾(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる