ブックストアトップ 

書籍 

専門書 

質量とヒッグス粒子 重さと質量の違いから測り方、質量の生成にかかわるヒッグスメカニズムまで

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

質量とヒッグス粒子 重さと質量の違いから測り方、質量の生成にかかわるヒッグスメカニズムまで

著作:広瀬立成

価格: 1,000円+税80円

2.502

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

2013年ノーベル物理学賞を記念して緊急刊行

※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。古代ギリシャの時代から1964年にヒッグス粒子の存在を予言し、2013年にノーベル物理学賞を受賞したヒッグスとアングレールら多くの科学者が、質量とはなにか、どうやって誕生してきたのかを解き明かそうと研究に研究を重ねてきた。その成果をすべて解説する。

著作者情報著作者情報
著作:広瀬立成
広瀬立成(ひろせ たちしげ):1938年生まれ。東京工業大学大学院博士課程修了。東京大学原子核研究所、ハイデルベルク大学を経て、東京都立大学教授、早稲田大学理工学総合研究センター教授などを歴任。専門は高エネルギー物理学。理学博士。東京都立大学(現首都大学東京)名誉教授。NPO法人町田発ゼロ・ウエイストの会理事長。おもな著書に、サイエンス・アイ新書『対称性とはなにか』や、『図解雑学 よくわかるヒッグス粒子』(ナツメ社)などがある。
対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 2.50(2件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 3

    huitre2014年1月7日

    朝日カルチャーセンターで、ノーベル賞特集として組まれた広瀬先生の講座に出席した際、衝動買い。時代を追って基本的な所からやさしく解説されており、初心者には非常に分かりやすい本だと思う。
    カラーページなので、絵本を見る感覚で読む事が出来、...

    全文表示
  • 2

    yoshi8kei2013年12月29日

    途中から急激に難しくなる…初心者向けかと思いきや、ある程度知ってる人しかたぶんわからない。カラーだけど有効に色使えてるのか?図とかわかりにくいし、うーん。

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • (C) 広瀬立成 2013
  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
質量とヒッグス粒子 重さと質量の違いから測り方、質量の生成にかかわるヒッグスメカニズムまで
提供
開始日
2015年
5月11日
総ページ数 243ページ
立ち読み
ページ数
13ページ
ファイル
容量
約188MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
サイエンス・アイ新書
出版社 SBクリエイティブ
カテゴリー 専門書
ジャンル 科学、テクノロジー
  • 解禁シリーズ6周年セール(書籍)
  • デジイチ2017 第3弾(書籍)
  • 2017年ノーベル文学賞受賞 カズオ・イシグロ特集(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる