女子コミ!

ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

三陸津波いまむかし 現地記者半世紀の取材メモより

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

三陸津波いまむかし 現地記者半世紀の取材メモより

価格: 1,000円+税80円

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

チリ地震津波の取材からその記者生活をスタートし、三陸を愛した記者がみた東日本大震災。古文書に記されたこれまでの津波の記憶と記録をも掘り起こし、未来への警鐘を鳴らす。

三陸沿岸、大船渡市と釜石市を拠点に、ながくジャーナリストとして活動した著者・山川健は、1960年のチリ地震津波の大災害の取材からその記者生活の第一歩を踏み出した。そしてそろそろ引退という、まさにそのときに目撃した2011年東日本大震災の壊滅的な惨状。2つの大災害に挟まれた半世紀のあいだ、著者はNHK記者として三陸沿岸各地に奔走し、また地域住民のひとりとして人びとのくらしと防災活動に密接に関わりつづけてきた。この土地の語り部ともいうべき著者が、この地に残された古文書や地震学の最新の成果をも参照して、これまで度々この地方を襲った地震の記録と記憶を掘り起こし、今回の震災の生々しいレポートとともに未来への警鐘を鳴らす。変化に富んだ長い海岸線の沖合いの、豊かな海の恵みにあふれたこの地方を愛する著者ならではのエピソードと多数の写真を掲載する。

著作者情報著作者情報
著作:山川健
山川健(やまかわ けん):1932年生まれ、フリージャーナリスト。岩手県大船渡市在住。1960年よりNHK記者として、大船渡市・釜石市を拠点に三陸沿岸のニュースを担当。一度も転勤することなく、特に津波防災報道では現地のエキスパートとして活動。NHK定年後も契約記者として地域のニュースを発信しつづけ、記者生活は半生記を超えた。東日本大震災に際しても現地で取材。
著作:竹内日出男
補筆:竹内日出男(たけうち ひでお):1933年生まれ、作家・脚本家。東京都在住。NHKのディレクター・プロデューサーを経て、1977年よりドラマ脚本を中心とするフリーの執筆活動。演出、執筆作品ともに、文化庁芸術祭をはじめ入賞作多数。近作に小説『夜景1974』(角川学芸出版)。
対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

  • (C) YAMAKAWA, Ken / TAKEUCHI, Hideo
  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
三陸津波いまむかし 現地記者半世紀の取材メモより
提供
開始日
2015年
5月7日
ファイル
容量
約24MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
-
出版社 左右社
カテゴリー 文芸
ジャンル ノンフィクション
  • めいっぱいグラビアセール(書籍)
  • お仕事「時短術」特集(書籍)
  • 小学館新書祭り!!!(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる