女子コミ!

ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

実験地区13 上

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

実験地区13 上

著作:狂気太郎

価格: 500円+税40円

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

二〇三一年、日本──生活保護制度が廃止され、働けない人間は政府が運営する「実験地区」に送られる社会。実験地区とは、国が将来のあらゆる事態を想定し、隔離した区域内に特別な環境や制度をつくり、その中で人間がどの程度適応できるのかを探る場所。全国に十四カ所ある実験地区には、住民が自ら食料や生活必需品を生産しなければならない「自給自足経済地区」、他人との接触がコンピューター上の仮想空間に限られる「サイバーコミュニティ地区」もあれば、あらゆる病原菌を蔓延させて感染状況や耐性獲得の可能性を調べる「無治療疫病地区」、住民に大量の武器と少量の食料を与えて争わせ現代日本人の攻撃性などを研究している「戦争地区」といった、極めて非人道的な実験を目的とする場所もあった。
突然の列車事故で両親を亡くした久世明人は、高校二年という若さで、実験地区に送られることになる。その移住先に指定された第十三実験地区は、最低限の公共サービスと生活費が与えられるものの、地区内に警察を含めた公的機関はいっさい存在しない。つまり、法を犯しても取り締まる者がいないため、そこは殺人すらも許される、文字どおり「無法地区」だった。それを証明するように、入所初日から人が殺されるのを目の当たりにする久世。だが同時に、地区内には「自治会」が存在し、ちゃんと機能していることを知る。月会費さえ支払えば、最低限の安全が保証されるというのだ。しかし、自治会の会員となり、無法地区の生活にも慣れてきた頃、久世はあるイザコザから自治会のルールを破ってしまう。普通なら規定に従い裁かれるところだが、そこで久世を「ハンター」に採用してはどうかとの提案が出る。聞けば、無法地区であるのをいいことに、ここには趣味で人を殺すような殺人鬼が大勢やってくるらしい。そして、そいつらを狩るのがハンターの仕事だという。かくして、処罰は免れた久世だったが、自治会のハンターになるべく、「出張肉屋」と呼ばれる殺人鬼を一人で始末するという過酷な試練を与えられたのだった……。

無法地区で繰り広げられるハンターと殺人鬼の血みどろの狂宴……鬼才・狂気太郎が満を持して放つ、限界マッドホラー!

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

実験地区13 下          

実験地区13 下

         
           

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
実験地区13 上
提供
開始日
2015年
3月22日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
-
出版社 キリック
カテゴリー 文芸
ジャンル ホラー、怪談
  • 夏目前!ダイエット特集(書籍)
  • 異世界・転生フェア(書籍)
  • 解禁シリーズ5月セール(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる