お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

友達警察 上

著作:梅津裕一

価格: 500円+税40円

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

世界的な大不況で国家財政が破綻し、無政府状態の〈暗黒時代〉を迎えた日本が、復興を果たすべく導入した「友達ポイント制度」──それは、国民を団結させるために生まれた友情主義に基づき、社会生活の中で何より「友情」や「愛情」を大切にするよう、十年前に新政府が導入した法律だった。国の管理下にある携帯端末で、相手と互いに「友達登録」をすると、政府公認の友達同士となり、新規の友達をつくったり友達とコミュニケーションを重ね友情を深めていくごとに、友達ポイントとして加算されてく。そして、そのポイントが高い国民は、食料品の値引きから進学や就職先まで、社会生活のあらゆる面で優遇された。逆に、二十五歳を過ぎて友達ポイントが0になると、社会不適合者として「施設」に送られてしまう。だから国民はみな友達ポイントを稼ぐのに必死だった。そんな中、高校に入学して一ヶ月も経つというのに、八神瞭一にはまだ一人も友達がいなかった。引っ込み思案な性格もあるが、瞭一はそもそも友達ポイント制度に疑問を抱いていた。しかし、それを公然と批判することはできない。そんなことをすれば、反友達主義者の烙印を押され、やはり「施設」行きになるからだ。警察とは別の治安組織である友情省警保局──通称「友達警察」によって。だがある日、同級生の心ない一言に思わず、友達ポイント制への批判を口にしてしまう瞭一。教室内に緊張が走る。と、女生徒の一人が瞭一に近づいてきて告げた「私と友達になりましょう」。それは、以前から友達ポイント制への批判を公言してはばからない問題児、北崎雪乃だった。才色兼備の美少女だが、みな面倒事をおそれ敬遠しているせいか、彼女も友達は一人もいない。瞭一は少しためらいつつも雪乃と友達登録をした。それが自分の運命を大きく変えることになるとも知らずに……。

『友達ー♪ 友達ー♪ 友達たくさん、つくろうねー♪』間の抜けた歌を響かせて、「施設」送りにするために、友達警察がやってくる……本物の友情とは何かを問いかける、近未来モダンホラー!

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

※購入済み商品はカートに追加されません。

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
友達警察 上
提供
開始日
2015年
3月8日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
-
出版社 キリック
カテゴリー 文芸
ジャンル ホラー、怪談
  • デジイチ2017 第3弾(書籍)
  • フラウス写真集10円SALE 秋のグラビアキャンペーン(書籍)
  • 秋のオーバーラップ試し読み増量フェア!(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる