ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

ある屍の恋 上

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

ある屍の恋 上

著作:梅津裕一

価格: 500円+税40円

Yahoo!プレミアム会員になると通常ポイント2倍+期間固定Tポイント3倍※!


※Yahoo!プレミアム会員になるとこちらの特典が受けられます。
※進呈するポイントは、期間固定Tポイントです。Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外では利用できません。
※期間固定Tポイントの有効期間はポイント進呈日の翌々月末日までとなります。

イザナミ伝説ゆかりの土地で、古くから奇妙な因習に縛られた里、鳴神──。その集落には、黄泉への道「ヨモツヒラサカ」に通じる「千曳の岩」があり、先祖代々、それを守りつづける「鳴神一族」が住んでいた。一族に連なる高校一年の少年、鳴神伏人はその日、仲間たちとともに千曳の岩の奥で肝試しをしていた、はずだった。ところが気がついてみると、頭上には満点の星々。肝試しのさなか、何かおそろしいことが起きた気はするが、まったく思い出せない。一緒に肝試しをした仲間の、黒一、若姫、大悟、火影、拆香とは無事に合流を果たせたものの、何があったかについては誰も覚えていなかった。さらに、各々の無事を確かめ合うなかで、六人は自分たちの体の異変を自覚する。見えすぎる星々、妙に遅く飛ぶ羽虫、やたらと間延びした音。そして何より、誰もが息をしておらず、心臓も動いていなかったのだ。やがて、ヴァンパイアのような生ける屍「ヨモツイクサ」になったことを理解した六人は、その宿命に従い、人の血を吸い、肉を喰らい、死者を増やしながら、市街地を目指す。そんななか、人を殺すことに疑問を抱いた伏人が、車椅子に乗った人間の美少女、暁ひなたに恋をする。ひなたを、食べたい、犯したい、という内なる強烈な欲望に耐えながら、仲間を裏切り、彼女と旅をする道を選んだ伏人。死者と生者の間に芽生えた許されざる恋の行方は……?

鬼才・梅津裕一が放つ、生死の境界を越えた究極のロマンスホラー!

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

※購入済み商品はカートに追加されません。

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
ある屍の恋 上
提供
開始日
2015年
2月6日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
-
出版社 キリック
カテゴリー 文芸
ジャンル ホラー、怪談
  • 季節の変わり目に!健康法・健康レシピ本特集(書籍)
  • デジイチ2017 第7弾(書籍)
  • 心にしみる名作文学(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる

最大10000pt! ブックストア年末セール開催中 閉じる