ブックストアトップ 

書籍 

専門書 

造船の技術 どうやって巨大な船体を組み立てる?大きなエンジンは船にどう載せるの?

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

造船の技術 どうやって巨大な船体を組み立てる?大きなエンジンは船にどう載せるの?

著作:池田良穂

価格: 1,000円+税80円

4.001

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

海上輸送を支える巨大船をつくる!

※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。海上輸送を支える巨大船のつくり方に肉薄!【船舶の第一人者である池田良穂氏が、造船の技術を1冊にまとめました!】 資源に乏しく、海に囲まれたわが国は、外国との貿易が欠かせません。ほとんどの貿易は船で行いますが、盛んな貿易には、たくさんの大きな船が必要です。 原油には「タンカー」、鉄鉱石には「鉄鉱石運搬船」、穀物には「バラ積み船」、天然ガスには「LNG船」、細かい荷物には「コンテナ船」など、さまざまな種類の船も必要です。 そのため、わが国では昔から造船が盛んで、現在も最先端の造船技術を誇ります。本書では、知られざる造船の技術に迫ります。【この本の内容(一部)】●船体をつくる材料と加工法は?●エンジンはどう船に据えつける?●プロペラと船体の間から水が浸入しないワケ●匠の技「軸心見通し」とは?●なぜオートパイロットが可能なの?●フィンスタビライザってなに?●デッキ・クレーンはどういう構造なの?●レーダーアンテナは秒速50mの強風にも耐える!●なぜ船に塗料を塗る必要があるの?●ひっくり返っても自然に戻る救命いかだとは?

著作者情報著作者情報
著作:池田良穂
池田良穂(いけだ よしほ):1950年、北海道生まれ。1973年、大阪府立大学工学部船舶工学科を卒業。1978年、大阪府立大学大学院工学研究科博士課程船舶工学専攻を単位修得退学。1979年、工学博士号を取得。1989年、大阪府立大学工学部助教授(船舶工学科)に就任。1995年より、大阪府立大学工学部教授(海洋システム工学科)。著書に『船の最新知識』『みんなが知りたい船の疑問100』(サイエンス・アイ新書)、『図解雑学 船のしくみ』(ナツメ社)、『図解・船の科学』(講談社)など多数。
対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 4.00(1件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 4

    totssan2013年11月2日

     本シリーズ初本。カラー図版が多く、非常にわかりやすい。これならとっつきやすい、というくらいシンプルに説明されている。本書で気になった技術は専門書を探してフォローすればよい。こんな大型な部品なのに、精度管理、特に組み立て精度管理がしっかりし...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • (C) 池田良穂 2013
  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
造船の技術 どうやって巨大な船体を組み立てる?大きなエンジンは船にどう載せるの?
提供
開始日
2014年
9月8日
総ページ数 225ページ
立ち読み
ページ数
13ページ
ファイル
容量
約51MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
サイエンス・アイ新書
出版社 SBクリエイティブ
カテゴリー 専門書
ジャンル 科学、テクノロジー
  • 徳間文庫 創刊37周年記念フェア(書籍)
  • モテるひとのやっていること特集(書籍)
  • 秋のグラビアセール(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる