お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

遠藤浩輝短編集 1巻

著作:遠藤浩輝

価格: 500円+税40円

4.306

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

カラスの世話をする少女とヤクザの交流を描く『カラスと少女とヤクザ』ほか二編を収録。遠藤浩輝の珠玉の短編集、ここに完成。

カラスたちを世話している少女と命を狙われているヤクザの男の心の交流を描いた『カラスと少女とヤクザ』。父親と二人暮らしの女子高生の多感で不安定な心理を描いた『きっとかわいい女の子だから』。とある連続殺人鬼を題材にした舞台に臨む学生劇団の人間模様を描いた『神様なんて信じていない僕らのために』。とっておきの三編を収録した遠藤浩輝の珠玉の短編集、ここに完成。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

遠藤浩輝短編集 2巻          

遠藤浩輝短編集 2巻

         
         

※購入済み商品はカートに追加されません。

レビュー・感想

総合 4.30(6件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 5

    どっこいしょ2013年1月22日

    未レビュー消化。カラスにとって負け犬のような行動も関係ないただ生きるという意味では純粋な本能に従ってるだけとおもうと人間なんて動物にも自分たちの価値観を押し付けるクソみたいな存在だなと小一時間考えさせられました。そういった考えも生命の循環か...

    全文表示
  • 3

    Seven2010年2月12日

    久々に生々しいというか、人の生き死にがストレートに表現されるマンガを読んだ。でも、それが全然イヤな感じではなかったかな。中でも「神様なんて信じていない僕らのために」が一番好き。自分が演劇をやっているからってのもあるかもしれないけれど、独特の...

    全文表示
  • 5

    abayo22009年12月7日

    人は死んで焼かれて灰になり 土に返っていくし〕
    〔煙は空に上がり雨になって植物の花を咲かせ〕
    〔食べられた動物も糞になって土に返り養分となって花を咲かせる〕
    〔同じことだと思わない?〕
    〔だから弱い生き物として生まれ...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • (c)Hiroki Endo/講談社
  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
遠藤浩輝短編集 1巻
提供
開始日
2014年
8月15日
総ページ数 234ページ
立ち読み
ページ数
51ページ
ファイル
容量
約43MB
初版 1998年
掲載雑誌
/レーベル
アフタヌーン
出版社 講談社
カテゴリー 青年コミック
ジャンル ドラマ
  • 【無料】リュウコミックス9月新刊 グルメコミックフェア
  • 【無料】『ローゼンメイデン0-ゼロ-』祭り!2巻配信&UJ10月号表紙記念!シリーズ無料試し読みキャンペーン
  • 【無料】『酩酊!怪獣酒場』無料&割引フェア

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる

対象タイトル1000円ごとに200ポイントプレゼントキャンペーン開催中! 2017年度上半期おすすめタイトルをまとめてチェック! 閉じる