お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

天の血脈 1巻

著作:安彦良和

価格: 500円+税40円

会員価格 451円+税36円

3.908

Yahoo!プレミアム会員になると通常ポイント2倍+期間固定Tポイント3倍※!


※Yahoo!プレミアム会員になるとこちらの特典が受けられます。
※進呈するポイントは、期間固定Tポイントです。Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外では利用できません。
※期間固定Tポイントの有効期間はポイント進呈日の翌々月末日までとなります。

日露戦争開戦前夜の満州から始まる物語。安彦良和が一番描きたかった近代史の集大成となる、超大作歴史ロマンです!

時は1903年。日露戦争開戦の半年前、朝鮮半島に近い満洲の地に日本からの学術調査隊がいた。彼らの目的は「好太王碑」。古代朝鮮半島の歴史、日朝関係を記したとされるこの碑文の研究のため、嬉田(うれしだ)教授率いるこの調査隊に参加していたのが、本編の主人公、一高の学生・安積亮(あずみ・りょう)である。まだ何者でもない自分に悩む安積が研究自体に疑問を持っていたところ、調査隊は馬賊による襲撃を受けた! 果たして彼らの運命は――!?

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット

※購入済み商品はカートに追加されません。

複数巻セット

レビュー・感想

総合 3.90(8件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 4

    ソシール2013年12月23日

    近現代史の空白を追い続ける安彦先生のアタヌーンでの第一作は「好太王の碑」改竄にまつわる物語。あいかわらずのダイナミックな展開と難解な伏線。次巻では古代の皇后まで登場してしまうらしい。

  • 3

    skydrive2013年9月11日

    マンションで読む。再読です。素直に面白い。多分、作家と相性がいいのでしょう。他の作品も読んでみたいと思います。

  • 5

    ○眼鏡2013年5月7日

    日露戦争開戦半年前。

    一高の学生安曇は満州の地にいた。
    古代の日朝関係を記したとされる『好太王碑』の研究の助手として。

    この研究が、国家間の策謀へと安曇を巻き込んでいく。

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • (c)Yasuhiko Yoshikazu/講談社
  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
天の血脈 1巻
提供
開始日
2014年
7月23日
総ページ数 205ページ
立ち読み
ページ数
51ページ
ファイル
容量
約41MB
初版 2012年
掲載雑誌
/レーベル
アフタヌーン
出版社 講談社
カテゴリー 青年コミック
ジャンル 歴史、時代劇
  • 【無料】きららファンタジア リリース記念フェア
  • 【無料】冬電書 心も体もあたためますか?抱擁男子特集
  • 【無料】【冬電書】ゆく年くる年今年の話題を総ざらい!2017年映像化特集

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる

最大10000pt! ブックストア年末セール開催中 閉じる