ブックストアトップ 

書籍 

専門書 

東海・東南海・南海 巨大連動地震

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

東海・東南海・南海 巨大連動地震

著作:高嶋哲夫

価格: 670円+税53円

3.007

Yahoo!プレミアム会員になると通常ポイント2倍+期間固定Tポイント3倍※!


※Yahoo!プレミアム会員になるとこちらの特典が受けられます。
※進呈するポイントは、期間固定Tポイントです。Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外では利用できません。
※期間固定Tポイントの有効期間はポイント進呈日の翌々月末日までとなります。

日本列島、そして環太平洋地域が地震活動期に入った今、いつ次の大災害が発生してもおかしくない。とりわけ、東海・東南海地震は今後数年~数十年のうちに襲来すると考えられており、さらにそれらが連動するケースでは、東日本大震災を凌駕する大惨事になると想定されている。本書は、関東、東海、近畿、四国、九州におよぶ広範な被害対象地域で発生する「最悪の事態」を、客観データをもとにリアルにシミュレーションし、「その日」への備えを喚起するものである。【目次】はじめに/第一章 東海・東南海・南海地震とは/第二章 日本水没の危機/第三章 来たるべき未来に向けて/おわりに

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

レビュー・感想

総合 3.00(7件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 3

    bax2014年10月26日

    [ 内容 ]
    日本列島、そして環太平洋地域が地震活動期に入った今、いつ次の大災害が発生してもおかしくない。
    とりわけ、東海・東南海・南海地震は今後数年〜数十年のうちに襲来すると考えられており、さらにそれらが連動するケースでは、東...

    全文表示
  • 4

    samwo3602013年9月18日

    東南海巨大地震がおきたら、各地でどういうことが起きるのかをデータに基づき、冷静に描写するもの。備えの重要性を改めて思い知らされます。

  • 2

    sazuka2013年7月2日

    災害関連のフィクション作家による、評論のようなフィクション。新書の体裁で出ているので、最初それに気づかなかった。もうちょっと、地震そのものの話かと思ったが、被害の話。
    2013年の今、この本で何を訴えたかったのか、今ひとつわからない。...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
東海・東南海・南海 巨大連動地震
提供
開始日
2014年
6月5日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
集英社新書
出版社 集英社
カテゴリー 専門書
ジャンル 科学、テクノロジー
  • 心にしみる名作文学(書籍)
  • アルファポリス 11月新刊1冊目試し読み増量フェア(書籍)
  • 季節の変わり目に!健康法・健康レシピ本特集(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる

最大10000pt! ブックストア年末セール開催中 閉じる