女子コミ!

ブックストアトップ 

書籍 

専門書 

食料植民地ニッポン

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

食料植民地ニッポン

著作:青沼陽一郎

価格: 750円+税60円

3.004

プレミアム会員なら5倍!!

米中に胃袋まで占領された食料植民地の現実。

日本はいまや米国と中国に胃袋まで占領されてしまった…。食料自給率39%の裏側を暴き、米国や中国の言いなりにならざるをえない「食料植民地」としての危機的状況を抉り出す“食”ノンフィクション。タイの広島風お好み焼き工場、チリの日本向けサケ養殖場、米国のBSE感染牛養育牧場、中国の農薬まみれ野菜畑……世界各国を飛び回り食料依存の実態を取材。さらにメタボリック・シンドロームの原因が米国型食文化の浸透にあること、日本の食料安全対策が抜け穴だらけであることなどを突き止め、飽食日本人に意識改革を迫る。「SAPIO」誌に掲載され大きな話題を呼んだ人気連載を大幅加筆して単行本化したものを電子化した。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.00(4件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 0

    tyasudas2016年2月25日

    『SAPIO』 に連載されたレポートに大幅加筆、食料自給率39%、居候の日本が、家主である米国と中国から 「お前に食わせるメシはねえ!」 とばかりに追い出され、食糧供給を断たれたらどうなるだろうかとのテーマで再構成した、食料植民地日本の緊急...

    全文表示
  • 3

    フラビオ2016年2月3日

    2016年2月3日読了。2006年当時の食料自給率39%、米国・中国からの戦略的な食料の大量輸出にさらされ、外交のまずさからBSEや薬品汚染、偽装などの品質不安や有事に食糧確保できないリスクを抱える国・日本を憂うノンフィクション。色々と「危...

    全文表示
  • 2

    Paul2012年8月18日

    知らない人にはショッキングな事例を並べたものの、読み応えは少ない。「食にわがままな日本人」という目線で話が進むが、日本人というより日本企業の問題では。買い負け→食料争奪戦での敗北というシナリオは、ただ危機感を煽っているだけでその先...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
食料植民地ニッポン
提供
開始日
2014年
5月2日
ファイル
容量
約3MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
-
出版社 小学館
カテゴリー 専門書
ジャンル 社会、政治
  • 解禁シリーズ6月セール(書籍)
  • 【ヤフー限定!】ビジネスで成功する鉄則(書籍)
  • 副業マネー、資格特集(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる

大感謝祭 ポイント最大45倍キャンペーン 閉じる