ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

耳袋秘帖 妖談へらへら月

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

耳袋秘帖 妖談へらへら月

著作:風野真知雄

価格: 600円+税48円

3.205

Yahoo!プレミアム会員になると通常ポイント2倍+期間固定Tポイント3倍※!


※Yahoo!プレミアム会員になるとこちらの特典が受けられます。
※進呈するポイントは、期間固定Tポイントです。Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外では利用できません。
※期間固定Tポイントの進呈⽇・有効期限・獲得上限等が通常Tポイントと異なります。

年の瀬の江戸で、「そろそろ、月が笑う」と言い残して、突如、人がいなくなる“神隠し”が、頻発した。根岸は、同心の椀田と家来の宮尾、岡っ引きの梅次や、下っ引きのしめたちに、消えた人々の身辺を探るように命じるが、その陰では危険な動きが……。根岸肥前が江戸の怪奇を解き明かす、耳袋秘帖「妖談」シリーズ第5巻。文春文庫オリジナルの書き下ろし時代小説。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.20(5件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 3 ネタバレ

    らじヲ2016年1月22日

    耳袋秘帖〜妖談編〜の第5弾。
    どうも安房の地にキリシタンが集まる土地ができたらしい。
    お月さまがへらへら笑っているように見えるとき(ななめにかかった三日月)その場所へいざ行かんってことみたい。

    本筋とサイドストーリ...

    全文表示
  • 2 ネタバレ

    yoshi-kato2015年10月18日

    「妖談」シリーズと「殺人事件」シリーズが併走しているが、どちらも、江戸の怪奇事件を主題しているので、違いがあまりよくわからない。今回は、「神隠し」を中心とした全5話の連作集である。どの怪奇現象にも、人が起こした説明が付くので、正直すっきりする。

  • 4

    ざじ2014年6月8日

    風野さんの文章、全く小難しく書いてないのに、なんだろう、このダイレクトに頭に入ってくる感じ。最小限の言葉で情景を伝えてしまうと言うか。「妖談」と言うだけあって不気味さとか怖さは無論元からあるわけだが、冊数重ねるに従って怪談聞いてる怖さが来る...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
耳袋秘帖 妖談へらへら月|風野真知雄|歴史、時代劇|電子書籍 - Yahoo!ブックストア
提供
開始日
2014年
4月18日
ファイル
容量
約2MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
文春文庫
出版社 文藝春秋
カテゴリー 文芸
ジャンル 歴史、時代劇
  • 雨季ウキ!キャンペーン(書籍)
  • 富士見L文庫 4周年フェア(書籍)
  • ゴマブックス上期人気ランキング!第一弾!(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる

アオアシを読んで熱くなれ!!3巻無料 秘密のキーワードで限定描き下ろしを読もう! 閉じる