女子コミ!

ブックストアトップ 

コミック 

青年コミック 

劇画・長谷川 伸シリーズ 瞼の母

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

劇画・長谷川 伸シリーズ 瞼の母

著作:小林まこと

原作:

価格: 600円+税48円

4.304

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

小林まことの手で甦る、長谷川伸の名作シリーズ第4弾! シリーズ最高傑作『瞼の母』を東三四郎が演じきる!

小林まことが全精力を注ぎ、美しき義理と人情の世界を描き出す。長谷川伸が残した名作を、これまでの小林作品のキャラクター達が、躍動感一杯に演じるまったく新しい試み。今回はシリーズ最高傑作の『瞼の母』を小林まこと作品一の名キャラクター・東三四郎が演じきる!

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 4.30(4件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 4

    kyoukendou2014年9月10日

    正直こういう渡世ものを知らなかったんですが面白いですね。渡世人たちの仁義も歯切れのいいセリフも気持ちいいです。東三四郎から三五十五から小林作品のオールスターは嬉しくなります。振り替えると柔道部物語の比重が異常に高い自分で、西野新二と三五十五...

    全文表示
  • 5

    mura-bow2014年7月9日

    作者旧作のキャラが「演じている」という所に少々照れというか、一層不純なものを感じていたわけですが、しかしどの作品も血肉が通って読めるのは、素晴らしい原作のおかげか、作者の画力によるものなのか。

    作者の嫌いなマンガチックなものが...

    全文表示
  • 0 ネタバレ

    arafunesan2014年5月31日

    小林まことの旬は今だ!!! 『瞼の母』 - マンガHONZ
    URL : http://honz.jp/articles/-/40492


    人の才能がもっとも輝くのはいつか? 

    若い時だろ...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • (c)Shin Hasegawa・Makoto Kobayashi/講談社
  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
劇画・長谷川 伸シリーズ 瞼の母
提供
開始日
2014年
3月20日
総ページ数 439ページ
立ち読み
ページ数
51ページ
ファイル
容量
約92MB
初版 2014年
掲載雑誌
/レーベル
イブニング
出版社 講談社
カテゴリー 青年コミック
ジャンル 歴史、時代劇
  • 【無料】「白衣のカノジョ」完結記念キャンペーン
  • 【無料】『ギフト±』最新刊発売記念キャンペーン
  • 【無料】新増刊「ヤングジャンプGOLD」配信開始!関連作品イッキに無料試し読みキャンペーン!

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる