ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

密室の如き籠るもの

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

密室の如き籠るもの

著作:三津田信三

価格: 650円+税52円

3.6036

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

旧家の猪丸(いまり)家に現れた記憶のない謎の女・葦子(よしこ)は、開かずの間だった蔵座敷(くらざしき)で“狐狗狸(こっくり)さん”を始める。だが、そこは当主・岩男(いわお)の前妻たちが死んだ場所だった。刀城言耶(とうじょうげんや)が訪れた日も“狐狗狸さん”が行なわれるが、密室と化した蔵座敷の中で血の惨劇が起こる。表題作他、全4編を収録した“刀城言耶”シリーズ第1短編集。(講談社文庫)

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.60(36件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 0

    ひつじ2017年2月15日

    このシリーズは全部読んでいて、面白いのだけれど、いかんせん長い、と思っていた。なので短編集はありがたく、怪奇な雰囲気はいくぶん損なわれるものの、私はこのくらいの長さの方が読みやすい。表題作は最後まで気がぬけず楽しかった。

  • 3

    yuzz2016年1月5日

    刀城言耶シリーズの短編集。

    このシリーズは前半で延々と
    地方に残る奇妙な風習や
    その地方の社会システム、
    人間模様を怪異譚を交えながら描き、
    事件の重要な伏線を
    サラリと幾重にも張り巡らせる。

    全文表示
  • 4

    yaokuma2016年1月1日

    怪異と合理的解釈が程よいバランスでよかった。
    祖父江偲は、祖父江耕介の妹なんだろうなぁ。『凶鳥のごとき忌むもの』との絡みもあったりと、三津田氏の本は読めば読むほどつながりがあって面白い。

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
密室の如き籠るもの
提供
開始日
2014年
2月14日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
講談社文庫
出版社 講談社
カテゴリー 文芸
ジャンル 日本ミステリ、サスペンス
  • 9月グラビアセール(書籍)
  • フラウス写真集 400作品以上ラストサマーSALE(書籍)
  • 角川歴彦新刊フェア(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる

対象タイトル1000円ごとに200ポイントプレゼントキャンペーン開催中! 2017年度上半期おすすめタイトルをまとめてチェック! 閉じる