ブックストアトップ 

書籍 

エンターテイメント 

福沢諭吉 国を支えて国を頼らず(下)

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

福沢諭吉 国を支えて国を頼らず(下)

著作:北康利

価格: 400円+税32円

3.303

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

国家権力を振りかざす者には徹底的に反発する一方で、義理人情に厚く、女性の立場を擁護した福沢諭吉。盟友・大隈重信と国の行く末を案じ、国民の教育に力を注ぎ、江戸から明治に至る大転換期に真の独立を説いた。その信念は、混迷の今にこそ光明を与えるはずである。評伝の名手が描いた「福沢諭吉」決定版。(講談社文庫)

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

※購入済み商品はカートに追加されません。

レビュー・感想

総合 3.30(3件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 2

    shishitou12022014年12月22日

    下巻の内容は、福澤が既にエラくなった後の話が中心で上巻ほど面白くはないです。色んな人の世話を焼いたり裏切られたりとそんな展開が延々と続く印象でした。福澤の思想や生い立ちを知りたいなら上巻を読むだけで十分だと思います。

  • 4

    ghostrider2013年1月5日

    慶應義塾大学の創設者で中津出身,「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らず」くらいしか知らなかったが,この人物のバイタリティーと信念には畏怖の念を抱く。特に教育に関する信念に。

  • 4

    Hideyasu2010年8月17日

    後半は福沢本人と福沢門下生を中心とした記述。
    薩長門閥と福沢が描く「国のすがた」が異なっていたこと、慶応義塾と当時の文部省(と九鬼という政治家)の対立、朝鮮の独立運動への支援、など、明治前半の日本史を福沢を中心とした視点で俯瞰できる歴史書。

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
福沢諭吉 国を支えて国を頼らず(下)
提供
開始日
2014年
1月31日
ファイル
容量
約3MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
講談社文庫
出版社 講談社
カテゴリー エンターテイメント
ジャンル 人文、思想
  • 秋のグラビアセール(書籍)
  • オススメエッセイ、雑学特集(書籍)
  • フラウス写真集10円SALE 秋のグラビアキャンペーン(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる