ブックストアトップ 

書籍 

ビジネス 

「年収6割でも週休4日」という生き方

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

「年収6割でも週休4日」という生き方

価格: 600円+税48円

3.8021

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

経営者の最大の責務は、社員の生活を守ることです。

石油に依存したグローバル経済はいずれ破綻し、日本経済も大幅に縮小する時代がやって来ます。そのときわれわれはどう生きるべきでしょうか。
IT企業の経営者でもある著者は、古き良き日本の経営哲学を学びました。「経営者の最大の責務は、社員とその家族の生活を守ること」という信念のもと、たとえ業績が悪化しても、ひとりもリストラしないと全社員に約束しました。
 最悪の場合は、社員と経営者の年収を6割まで減らすことも同時に言明しています。
 しかし給料とは労働の対価です。一方的に減らすのは公正ではありません。そこで週休四日まで勤務時間を減らすことを提案しています。
 こうして生まれた時間を使って、社員が自給自足的生活に移ることを著者は奨励し、その準備を支援しています。自らも石油に頼らずに自立する生活を始めています。
 これは一企業のあり方にとどまりません。日本人が、これからの生き方を考えるときに、ひとつのモデルとなる考え方です。
最後に日本が米国のカジノ経済から脱却しない限り、壊滅的な損害を受けることを指摘し、すぐにでもできる4つの経済政策を緊急提言しています。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.80(21件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 5

    イトノ2017年2月23日

    大原扁里氏の本と同時期に読んで、こちらもかなり印象的な内容でした。おおいに共感!

    収入が減っても幸せに生きていくための準備を社員らに勧め(野菜作りや縫製やDIYのクラスを会社に作るとか、素敵すぎます!)、生き方や考え方のシフト...

    全文表示
  • 2

    hiroki6192017年1月9日

    ・年収が今の6割になっても十分に生活ができるように消費中毒を治す
    ・買う前に浪費か否かを考える
    ・徐々にそのような生活ができるように準備する(家族にも行動で伝える)
    ・成果を出し続ける必要があるが、徐々に同じような働き方は...

    全文表示
  • 3

    zourock2015年7月19日

    今後、日本の経済が縮小して年収が6割に減ってしまうかもかもしれないことに備えて、消費中毒から抜け出し、これまでお金を払ってやってもらっていたことを自分で行うことで対応しようということが説かれています。自分でできることとしては農業が紹介されて...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
「年収6割でも週休4日」という生き方
提供
開始日
2014年
1月10日
ファイル
容量
約4MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
-
出版社 小学館
カテゴリー ビジネス
ジャンル 投資、金融、会社経営
  • 新刊1冊目お試し読みフェア!(書籍)
  • 角川歴彦新刊フェア(書籍)
  • 図があるからわかりやすい!記憶、勉強、仕事、人間関係特集(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる

対象タイトル1000円ごとに200ポイントプレゼントキャンペーン開催中! 2017年度上半期おすすめタイトルをまとめてチェック! 閉じる