女子コミ!

ブックストアトップ 

書籍 

エンターテイメント 

死を見つめ、生をひらく

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

死を見つめ、生をひらく

著作:片山恭一

価格: 571円+税45円

4.502

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

死は生の終着ではない、生への「出発」である

死とは何か?虚無(終着)である―
この“定説”が神なき現代社会を縛りつけている。いま、私たちが行うべきは、死の問い方を「何か」から「何でありうるか」と修正し、一人一人が「死すべき私」を起点として自らの生を定義づけることだ。プラトン以来の人生観の一八〇度転回を求める“逆転の思考”を提示する。

第一章 医学は死を背負いきれない
第二章 イエとムラが支えた死生観
第三章 合理主義がニヒリズムを生んだ
第四章 人間を動物化させる資本主義
第五章 「延命」の果てにある「虚無」
第六章 死は「出発」である

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 4.50(2件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 5

    風水 空2013年12月26日

     「セカチュー」も好きだったし「ジョンレノン・・・」も「満月の夜・・・」も「きみの知らないところ・・・」もよかった。エッセイ「DNAに負けない・・・」はあたしのバイブル的著書だ。それらに比べて本著は片山思想のさらなる深みが加わった大人の内容...

    全文表示
  • 4

    jazzlover2013年8月31日

    死は、他人のように、解ったようで決してわからないものである。他者との関係のように、追いつこうとしても決して追いつかないものである。解らなくても尊敬をこめて受け入れればいいのである。死ぬ時はパッと死ぬのではなく、少し時間をかけて死んでゆくので...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
死を見つめ、生をひらく
提供
開始日
2013年
12月27日
ファイル
容量
約1MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
NHK出版新書
出版社 NHK出版
カテゴリー エンターテイメント
ジャンル エッセー
  • ちょっと今から仕事やめてくるフェア(書籍)
  • かんき出版創立40周年記念 あなたの悩みにこたえる、自分を変える40冊40%OFF!(書籍)
  • お仕事「時短術」特集(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる