女子コミ!

ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

『平家物語』の再誕 創られた国民叙事詩

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

『平家物語』の再誕 創られた国民叙事詩

著作:大津雄一

価格: 762円+税60円

4.003

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

誰がでっち上げたのか。なぜ捏造したのか。平家一門の栄華とその没落・滅亡という古代末期の変革の時代を見事に活写した『平家物語』。それが、いつ国民的叙事詩へと祭り上げられ、さらには「国民文学」となったのか。「奉公の誠」を語る日本精神の粋、もののふの文学、歴史の進歩と発展を語る、新興階級武士の文学……。『平家物語』に幾重にもまとわりつく古びた〈読み〉。そうした読みの形成過程を剥ぎ取り、『平家物語』が時代とともにどう歩んできたのかを明らかにする。近代日本の隠されたもう一つの道筋を辿る労作。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 4.00(3件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 0

    ichien2015年3月4日

    期待ほどスキャンダラスな話ではなかったが、それでも戦時中国粋主義の先棒を担いだ国文学者たちが戦後掌を返す様は圧巻だった。サブカルが古典を勝手気儘に改変してしまう現代がむしろ健全。

  • 5

    itomona2014年2月13日

    「平家物語」が前近代から現代にかけて、それぞれどのように読まれてきたか、を辿る。著者の関心は本書後半の戦時下・戦後にあり、それはそれでおもしろく納得もいくのだが、自分としては本書前半の前近代・明治期の方がより興味深かった。前半は時代によって...

    全文表示
  • 3

    sazuka2013年11月11日

    三国志演義ほどではないが、どうも正しい歴史じゃないぞ、と底を見られ、歴史の記録として失格になり、文学として再デビューした平家物語。明治に入ると、西洋列強に並ぶような立派な叙事詩が欲しい、という社会的欲求により、これは叙事詩だ、と言い張ってみ...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
『平家物語』の再誕 創られた国民叙事詩
提供
開始日
2013年
12月27日
ファイル
容量
約4MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
-
出版社 NHK出版
カテゴリー 文芸
ジャンル 評論
  • 異世界・転生フェア(書籍)
  • めいっぱいグラビアセール(書籍)
  • ちょっと今から仕事やめてくるフェア(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる