ブックストアトップ 

書籍 

専門書 

前田利家と妻まつ 「加賀百万石」を築いた二人三脚

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

前田利家と妻まつ 「加賀百万石」を築いた二人三脚

著作:中島道子

価格: 556円+税44円

3.003

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

戦国時代の夫婦の物語といえば、豊臣秀吉とねねの話が有名だが、秀吉夫妻と終生の親交を結んだ前田利家と妻まつの歩みも、「ミニ太閤記」とでもいうべき輝かしい出世譚である。若気の至りで主君・織田信長の勘気をこうむり、足軽長屋に暮らしはじめた利家とまつ。まさにゼロからの出発だったが、実直・律儀に忠義を尽くす利家は、やがて帰参を許され、信長の計らいで前田の当主となる。その後、戦場往来の日々に生きる利家を、妻まつはしっかりと支え、二男九女を育て上げていく。信長の横死、秀吉の台頭と天下統一という激変のなか、利家は「加賀百万石」の大名として豊臣政権の屋台骨を支えるようになる。だが秀吉が没し、利家も後を追うように病没すると、加賀前田家の存続をかけたまつの闘いが始まるのだった。2002年のNHK大河ドラマは「利家とまつ」に決まった。女流作家ならではの繊細な筆づかいで、テレビに先駆けて戦国の夫婦の物語を描く力作。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.00(3件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 3 ネタバレ

    サリー2010年12月25日

    金沢に旅行に行くので予習として読んでみた。
    まつといえば、利家を内助の功で支えた、というイメージがありますが、
    読んだ印象だと、利家が死んだ後の方が藩に貢献しているような…
    とにかく、子だくさんな夫婦だったよ...

    全文表示
  • 3

    桜子2008年12月21日

    これもBOOK OFFで出会いました。
    利家とまつに興味を持った私にとっての、初めての資料となる本でした。
    少し、一般に知られている歴史とは異なる部分もあるように思えましたが、面白かったです。
    この本を参考に描いた漫画は5...

    全文表示
  • 3

    ユウキ2008年8月22日

    その夫婦の歩みは、尾張清洲の足軽長屋から始まった。主君・信長の勘気に触れ、一からの出発となった前田利家と妻まつ。だが、戦場往来の夫とそれを支える妻は、ときに葛藤し、ときに助け合って、激動の乱世に上昇気流をつかむ。終生の親交を結ぶ秀吉夫妻、上...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
前田利家と妻まつ 「加賀百万石」を築いた二人三脚
提供
開始日
2013年
12月27日
ファイル
容量
約14MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
PHP文庫
出版社 PHP研究所
カテゴリー 専門書
ジャンル 歴史、地理
  • モテるひとのやっていること特集(書籍)
  • デジイチ2017 第2弾(書籍)
  • 「ラブライブ!サンシャイン」2期放送記念フェア(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる