ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

世界最強だった日本陸軍 スターリンを震え上がらせた軍隊

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

世界最強だった日本陸軍 スターリンを震え上がらせた軍隊

著作:福井雄三

価格: 1,111円+税88円

2.502

Yahoo!プレミアム会員になると通常ポイント2倍+期間固定Tポイント3倍※!


※Yahoo!プレミアム会員になるとこちらの特典が受けられます。
※進呈するポイントは、期間固定Tポイントです。Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外では利用できません。
※期間固定Tポイントの進呈⽇・有効期限・獲得上限等が通常Tポイントと異なります。

日米戦争における日本の最大の悲劇は、日本が戦争に負けたことではなく、アメリカから一方的にやられっぱなしの、あのようなぶざまな負け方をした、戦闘内容のレベルの低さだった。これがいまだに日本人の潜在意識の底に尾を引いている。──本書「序文」より旧ソ連の秘密文書公開によって、ノモンハン事件がじつは日本陸軍がソ連軍を圧倒した勝ち戦だった事実が明らかになった今日、昭和史は大幅に書き換えられなければならない。……スターリンは恐怖に震え上がった。じつはソ連はすでに日本に停戦を申し入れていたのだが、日本から回答がないのを見て、焦慮のあまりついにドイツに泣きついたのである。日本が「恐ソ病」にかかっていたのは事実であるが、ソ連はそれ以上に「恐日病」にかかっていた。──本書「第一章 ノモンハン」より当時世界最強だった日本陸軍が、なぜ太平洋戦争に敗れたのか。その答えにこそ「昭和史の謎」を解く鍵がある。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 2.50(2件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 2

    Partbit8832013年6月3日

    面白い。
    ノモンハン事件とかは、成る程〜って楽しめた。
    ただ、歴史本としては推測が多く、信じる事が出来ない。
    でも、インパール作戦を説明して欲しい。
    どうなる事やら、、、

  • 3

    kouhei02102013年4月4日

    海軍善玉・陸軍悪玉論に反論している本。
    ソ連や共産主義に対する脅威や恐怖も論じていますが
    海軍の山本五十六をこき下ろしていることも
    含めて、この一冊だけでは、信じることも
    難しいかなと思います。ただ、一つの考え方であ...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
世界最強だった日本陸軍 スターリンを震え上がらせた軍隊|福井雄三|歴史、地理|電子書籍 - Yahoo!ブックストア
提供
開始日
2013年
12月27日
ファイル
容量
約16MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
-
出版社 PHP研究所
カテゴリー 文芸
ジャンル 歴史、地理
  • 「イケメン」対「ザンネンイケメン」特集(書籍)
  • 解禁シリーズ 9月セール(書籍)
  • ベリーズ文庫・マカロン文庫 大人気ラブファンタジー半額フェア(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる

お得にイッキ読み!電子コミックセット商品が最大50%OFF!! 閉じる