ブックストアトップ 

書籍 

エンターテイメント 

仲代達矢が語る 日本映画黄金時代

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

仲代達矢が語る 日本映画黄金時代

著作:春日太一

価格: 648円+税51円

3.9011

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

役者になって60年。今年80歳を迎える仲代達矢がこれまでの作品を振り返る。日本映画は昭和20年代から30年代を中心に黄金時代と呼ばれる。ちょうどその頃、仲代達矢はデビューした。俳優座養成所でのこと、小林正樹、岡本喜八、黒澤明ら名監督との出会い、高峰秀子、原節子、勝新太郎といった有名俳優との仕事などを回想する。映画会社の専属にならない、当時としては珍しいフリーの立場を貫いた。一年の半分を映画、もう半分を舞台ときっちりわけて仕事をしてきた俳優だからこそ、日本映画の盛衰を冷静に見ていた。現在の映画界についても鋭く語る。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.90(11件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 4

    丘村2015年11月17日

    一つ一つのエピソードを読むたびに映画のシーンや公開時の世間の様子、他の文献から知っていた違う角度の話などいろんなことが頭をよぎる。知らなくても想像させてしまう仲代さんの話術と春日さんの構成。役者さんは身体と感情の仕事だと思っていたが、それ以...

    全文表示
  • 5

    いたち野郎2014年12月18日

    インタビューの纏め方が秀逸ですね。仲代達矢出演作を中心に、日本映画界のミクロな部分がうねりを持って見えてくるといいますか。名監督や俳優らの現場でのぶつかり合いてのはさすがのもので、今の「うちのタレント使ってあげて」なマネージメントでは考えら...

    全文表示
  • 4

    meglinq2014年9月8日

    面白かったです。日本の映画黄金期のエピソードは、面白いものが多いのに、さらに、その真ん中を歩んできた仲代さんの話が面白くない訳がないかぁ〜といった感じです。
    もっともっと、読んでみたいです。

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
仲代達矢が語る 日本映画黄金時代
提供
開始日
2013年
12月27日
ファイル
容量
約15MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
PHP新書
出版社 PHP研究所
カテゴリー エンターテイメント
ジャンル 実用、スポーツ、ホビー
  • 「ラブライブ!サンシャイン」2期放送記念フェア(書籍)
  • デジタルピーチ人気グラビア10円SALE(書籍)
  • 小学館文庫 20周年キャンペーン(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる