ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

小説 織田三代記 信秀・信長・信忠、天下取りへの道

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

小説 織田三代記 信秀・信長・信忠、天下取りへの道

著作:羽生道英

価格: 648円+税51円

2.703

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

戦国の日本を統一へと導いた稀代の英雄・織田信長。その天下統一事業は信長の手だけでなされたわけではない!まず、信長の父である織田信秀。尾張国守護代に仕える三奉行の一人だった信秀は、下剋上の流れに乗って尾張の支配者にのしあがる。この父の遺産と遺志を引き継いで「戦国大名・織田信長」が誕生した。そして、尾張の統一のみならず、近隣の強敵・今川義元を討ち取り、美濃の斎藤家を滅ぼして、天下布武への道を邁進し始めたのである。さらに、信長の嫡男・織田信忠。本国の尾張・美濃を相続し、偉大な父の後姿を見詰めながら天下人の後継者になるべく己を磨いた傑物であり、「新しい日本」の建設に力を振るうことが期待された。しかし、本能寺の変に遭遇したとき、不利を承知で明智光秀に立ち向かい、父に殉じた。ここに信長の天下布武は幕を下ろしたのである。戦国乱世に身を置き、全力で戦い続けた織田家三代の男たちを描き出した力作長編小説。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 2.70(3件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 2

    阿萩莉2008年11月16日

    織田三代記と言いながら、信忠のつ扱いが小さすぎ・・・。
    信秀父ちゃんはそれなりに描写されていて、まぁ満足。
    三代にわたる出来事を一冊にまとめていると言うことが既に間違いかと。
    なんせ、広く浅すぎて、訳分からん・・・。

    全文表示
  • 3

    こじゃ2007年4月12日

    尾張で頭角を現した信秀。その意志を継いで尾張を統一し、数々の戦によって天下統一への足がかりを作った信長。父・信長の後継者として経験を積み、認められ始めた矢先に本能寺の変で父に殉じて短い生涯を終えた信忠。戦乱の世を全力で走り抜けた織田家三代を...

    全文表示
  • 3

    書庫タン2006年10月9日

    う〜ん、ちょっと物足りなかったですなああああああ・・・
    『三代記』というから、信長が戦い続けられた基盤である“資産形成”を信秀がいかになしていったかとか、信長は天下統一後を託すことになる信忠にどのような帝王学を...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
小説 織田三代記 信秀・信長・信忠、天下取りへの道
提供
開始日
2013年
12月27日
ファイル
容量
約3MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
PHP文庫
出版社 PHP研究所
カテゴリー 文芸
ジャンル 歴史、時代劇
  • 恋愛・結婚!幸せ成就特集(書籍)
  • フラウス写真集10円SALE 秋のグラビアキャンペーン(書籍)
  • デジイチ2017 第2弾(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる