女子コミ!

ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

継体天皇の謎 古代史最大の秘密を握る大王の正体

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

継体天皇の謎 古代史最大の秘密を握る大王の正体

著作:関裕二

価格: 500円+税40円

3.205

Tポイント進呈! プレミアム会員なら2倍!!

Tポイントでもご購入できます! 登録はこちら

お買い物の前に3,000ポイントゲット!

継体天皇――。この人物ほど、古代史ファンの関心をそそるテーマはあるまい。天皇との血縁がうすいうえに、都から遠く離れた北陸にいた田舎貴族が、なぜ皇位を継承できたのか。皇位継承に相応しい人物は、ほかにもっといたであろうに――。しかも、継体天皇は応神天皇の五世の孫にあたるという。この創作されたような立場が意味するものとは何か。謎に包まれた天皇、ミステリアスな天皇。それが継体天皇のイメージだ。本書は、『大化改新の謎』『壬申の乱の謎』『神武東征の謎』等、「謎シリーズ」で人気を博す新進気鋭の歴史作家である著者が、多くの資料を跳梁し、そこから浮かび上がってくる謎に、大胆な想像力をもって迫った、古代史ファン垂涎の一冊である。継体天皇とはどのような人物だったのか。前王朝を乗っ取った新王朝の始祖なのか。その面白さは、まるでミステリーの謎解きと同じだ。秋の夜長を過ごすパートナーとしてうってつけの力作である。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 3.20(5件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 3

    charlie-iruka2012年10月19日

    応神天皇の5代孫にあたり血縁は薄いのに天皇になった謎を追っている。浦島太郎が神武天皇をヤマトに連れてきたというのが日本書紀にあるらしく、びっくり。

  • 2

    taka9naka2012年5月31日

    古代神話の固有名詞は難しくて、筋がぐちゃぐちゃになってしまい理解が難しい。古代史の謎は昔から好きで、この話もおもしろかった。限られた資料をどう解釈するかによって想像が膨らむのがいいのだろう。だが、自分はそれほど歴史に詳しくないので、この本の...

    全文表示
  • 4

    Shimada2011年8月16日

    古代史ファンのツボである継体天皇を関氏が一連の仮説に組み込んで大胆に推理。こういう捉え方があったか。国譲りで敗れた建御名方が信州にいるのはそういうことだったのか(もしれない)。

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
継体天皇の謎 古代史最大の秘密を握る大王の正体
提供
開始日
2013年
12月27日
ファイル
容量
約12MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
PHP文庫
出版社 PHP研究所
カテゴリー 文芸
ジャンル 評論
  • めいっぱいグラビアセール(書籍)
  • お仕事「時短術」特集(書籍)
  • ちょっと今から仕事やめてくるフェア(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる