ブックストアトップ 

書籍 

専門書 

「世界金融危機」のカラクリ データで読み解く本当の大問題

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

「世界金融危機」のカラクリ データで読み解く本当の大問題

著作:吉本佳生

価格: 694円+税55円

4.303

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

「貿易収支は赤字でいい」「ユーロ危機と日本の状況は決定的に違う」「介入すべきはドルではなくウォン」「アメリカは超巨大投資ファンドのようなもの」「ギリシャの問題は、お金よりも人の流出」アメリカの赤字、欧州諸国の危機、そして日本の財政問題と、多くの難題を抱える世界経済。だが、データを細かく「複眼思考」で見ていくと、上記のような、従来の常識とは違う世界が見えてきた!本書は人気エコノミストが膨大なデータを独自の視点で解析し、世界金融危機の「本当の問題」をあぶりだしていくもの。各国の借金、経常収支や貿易収支といった国際収支統計、為替レート、失業率、あるいは「ビッグマックの価格」など、データを読み解くポイントがよくわかる内容となっている。そして、データ解析の結果見えてきた、従来の常識とはまったく異なった「日本の進むべき道」とは?世界経済の全貌が一気に見えてくる一冊。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

レビュー・感想

総合 4.30(3件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 4

    uki54962013年5月18日

    世界金融危機のからくり

    アメリカ、英国、フランスの対外純資産マイナスだが、それを不安視されていない。
    →理由は、対外純資産のマイナスが金利負担に繋がっていない。
    →借金による金利負担が大きい時に...

    全文表示
  • 5

    Mas@2012年12月9日

    ■世界金融

    A.借金大国の中でも、アメリカ・イギリス・フランスの対外的な借金があまり心配されないのには、共通の理由がある。
    3カ国とも、対外純資産残高のマイナスが金利負担につながってい。
    海外に支払う金利や配当より...

    全文表示
  • 4

    kitakuny2012年12月1日

    アメリカ・イギリス・フランスは借金大国であるにもかかわらず、国全体としては、対外純資産残高のマイナスが金利負担につながっていません。むしろ、海外から金利や配当などを稼ぐ構造になっています。

    世界一借金漬けのアメリカが、世界一の...

    全文表示

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
「世界金融危機」のカラクリ データで読み解く本当の大問題
提供
開始日
2013年
12月27日
ファイル
容量
約14MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
PHPビジネス選書
出版社 PHP研究所
カテゴリー 専門書
ジャンル ビジネス、経済
  • 解禁シリーズ6周年セール(書籍)
  • オススメエッセイ、雑学特集(書籍)
  • モテるひとのやっていること特集(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる