ブックストアトップ 

書籍 

文芸 

風の陣【裂心篇】

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

風の陣【裂心篇】

著作:高橋克彦

価格: 694円+税55円

3.9013

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

称徳帝が没し光仁天皇の御世になって8年、物語の舞台は陸奥に移る。平城の都で働く道嶋嶋足に対し、伊治鮮麻呂は陸奥の地で、蝦夷でありながら国府多賀城の役人として蝦夷の乱の鎮圧にあたっていた。祖国を戦場にしないため、朝廷と蝦夷の共存を目指し腐心してきた鮮麻呂だったが、8世紀半ばに発見された黄金を狙う陸奥守の横暴、背後で牙を剥く朝廷側の無理難題に我慢は限界に達していた。さらに、蝦夷の地である奥六郡に城を築く計画が着々と進み、また蝦夷を人と思わない帝の勅に、鮮麻呂はもはや戦を防ぐ手立てはないと決起を覚悟する。後事を託すのは胆沢の首長・阿久斗とその息子・阿弖流為(アテルイ)。狙うは陸奥守の首ひとつ。ついにその時はやって来た。北辺の部族の誇りをかけた闘いが、ここに幕を下ろす。「風の陣」シリーズ、感動の最終巻。『火怨』『炎立つ』へと連なる著者渾身の大河歴史ロマン、堂々完結! 解説はマンガ家の里中満智子氏。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

※購入済み商品はカートに追加されません。

レビュー・感想

総合 3.90(13件) ブクログ

すべてのレビュー

  • 2

    Mu2016年2月7日

    シリーズ最終巻。
    これまでの4巻が道嶋嶋足を主人公としていたのに対し、本巻の主人公は伊治鮮麻呂だった。

    これにはちょっと驚いた。
    舞台も京ではなく東北のみ。
    鮮麻呂が陸奥守を殺めて蝦夷に新たな時代をもたらすと...

    全文表示
  • 5

    真珠の助2015年11月2日

    1立志篇 2大望篇 3天命篇 4風雲篇 5裂心篇
    上記5巻からなる火怨の前篇となる時代の物語。

    火怨の主人公であるアテルイの生まれる前から、青年期をを迎える749年から30年くらいの間の話である。

    主人公は...

    全文表示
  • 3

    乾 辰巳2014年5月6日

    「火怨」前史といった作品。舞台は奈良時代、恵美押勝や道鏡といった人物が政治を仕切っていた頃です。
    前巻まで物語の中心だった嶋足や天鈴がほとんど出てこず、がっかりしました。鮮麻呂の生き方には感銘を受けますが、唐突な感じがしますね。

次の5件を見る

ネタバレなしのレビュー

次の5件を見る

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
風の陣【裂心篇】
提供
開始日
2013年
12月27日
ファイル
容量
約2MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
PHP文芸文庫
出版社 PHP研究所
カテゴリー 文芸
ジャンル 日本文学
  • 秋の夜長のヤマケイ読本セール(書籍)
  • 解禁シリーズ6周年セール(書籍)
  • 対象約400点!西東社大型割引キャンペーン!(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる