ブックストアトップ 

書籍 

専門書 

いまなぜ秘密保護法なのか 危険な国の拡大解釈、脅かされる知る権利

お客様のご利用環境では、書籍を閲覧するための専用ビューアーをご利用になれません。

必要な動作環境はこちら

いまなぜ秘密保護法なのか 危険な国の拡大解釈、脅かされる知る権利

著作:朝日新聞

価格: 200円+税16円

Yahoo!プレミアム会員になるとポイント5倍!

安倍政権が「特定秘密保護法」の整備を急いでいる。背景にはどんな動きがあるのか。知られては困る、安全保障上の「特定秘密」とは何か。なぜ「厳罰」を盛り込むのか。沖縄の基地、核・原発関連の「秘密」が増大し、情報公開はより不透明になるのではないか。公務員は口をつぐみ、メディアの取材活動は制限されないか。戦前のように、「法の拡大解釈」が市民の自由を奪うことはないのか――。公権力の「情報隠し」と国民の「知る権利」の今後を見据え、この「法案」をめぐる疑念や懸念を多角的かつ詳細に読み解く。

対応デバイス:
  • パソコン
  • スマートフォン
  • タブレット
  • アプリ未対応

本作品はお客様がご利用されている 環境には対応しておりません。

この商品は電子書籍です。紙の書籍ではありません。

  • ※作品により、電子書籍と紙の書籍とでは内容が違う場合がございます。
  • ※Yahoo!プレミアム会員のお客様は、「価格」欄にYahoo!プレミアムのアイコンがついた作品を会員価格でご購入いただけます。
Yahoo!プレミアム会員登録はこちら
いまなぜ秘密保護法なのか 危険な国の拡大解釈、脅かされる知る権利
提供
開始日
2013年
12月25日
ファイル
容量
約3MB
初版 -
掲載雑誌
/レーベル
朝日新聞デジタルSELECT
出版社 朝日新聞社
カテゴリー 専門書
ジャンル 法律、行政、政治
  • 秋のグラビアセール(書籍)
  • モテるひとのやっていること特集(書籍)
  • 2017年ノーベル文学賞受賞 カズオ・イシグロ特集(書籍)

▲ページトップへ

タイプを選び、表示されたソースを貼りつけてください。

閉じる